カランディーバの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>カランディーバ

カランディーバ

カランディーバ
科名ベンケイソウ科
学名Kalanchoe
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方はカランコエを参考にしてください。
短日植物
短日植物で、昼間の時間が短くなったと感じると花芽を付けます。本来ならば9月以降に花芽が出来るのですが、人工的に日を遮ることで短日処理をして年中花を咲かせることも可能です。農家は短日処理をすることで一年中出荷できるわけです。
よく流通する割に、育て方が浸透しない
乾燥に強く多湿に弱い性質で葉っぱに水が掛ると枯れてしまうという性質がイマイチ浸透していないので、枯らす人が多いですが、水を控えるだけで非常に長く楽しめる植物です。

水やりと肥料

乾燥に強いですが、水のやりすぎに注意
土が乾いていたら水をやります。葉っぱが肉厚無多肉植物なので、水をやりすぎるとすぐに根が腐って枯れてしまいます。葉っぱにちょっとシワが寄ってから水をやっても回復します。
葉っぱに水が掛らないようにします
葉っぱに水が掛るとすぐに、葉っぱがグチャグチャになって腐りますので、水をやるときは土に注ぎ、葉っぱに水が掛らないようにしてください。土に注ぐときも出来るだけ、ソっと水をやってください。首の長いジョウロがあると失敗が少なくなります。
葉っぱが腐ってしまったらすぐに切除
葉っぱが腐り始めてしまったら、少し大きめに切除してしまいましょう。そのままにしていると、元気なところまで傷んでしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

多肉植物のような姿なのですが、根の貼りは意外と速いです。植え替えは2年に一回程度。水をやってもすぐに水切れするようならば根詰まりを疑い、植え替えをしましょう。

土は水はけのよいものを利用します。多肉植物の土か、赤玉土腐葉土3パーライト1を混ぜたものを利用します。

管理場所・日当たり

直射日光に弱い
強い直射日光が当たると葉っぱが黒く変色してしまいます。春から秋に掛けては戸外の日陰か半日陰で管理します。
冬は室内へ
耐寒温度は5度と寒さにあまり強くありません。霜に当たると枯れてしまいますので、冬は室内に取り込みます。

特徴・由来・伝承

八重咲きカランコエの園芸品種です。育て方はカランコエに準拠します。マダガスカル原産のベンケイソウ科の多肉植物。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用