クィーンローズの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>クィーンローズ
スポンサードリンク

クィーンローズ(カランコエ・パリ)

nophoto
科名ベンケイソウ科
別名カランコエ・パリ
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方はカランコエを参考にしてください。水やりと日光の具合の解説をよく読んで対応すれば、長く楽しめる良質園芸植物です。
短日植物です
日が短くなることで花芽をつけます。そこで段ボールなどで遮光することで年中花を咲かせることも可能です。

水やりと肥料

水やりにはとにかく注意!
クィーンローズの注意すべきところはとにかく水やり。葉っぱが肉厚なのを見ると分かるように多肉植物です。乾燥には強いのですが、過湿に弱く、水をやりすぎると枯れてしまいます。水やりは土が完全に乾いてからやります。水が切れてくると葉っぱにシワが寄ってきますが、シワが寄ってから水をやっても十分回復します。
葉っぱに水が掛ると腐ってきます
水が葉っぱにかかると、その部分から腐って枯れてきます。水をやる時は、口の細長いジョウロを使い、指で葉っぱを持ち上げて、そっと土に注いでください。
葉っぱが傷んでいたら切除しましょう
腐った葉っぱをそのままにしていると、健康なところにも病気が広がってしまいます。腐った部分とその周囲を大きめにハサミで切ってしまいましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

意外と根の張りが早く、二年に一回程度は植え替えをします。根詰まりをしてくると水切れが起きやすくなり、下葉から黄色く変色して枯れてきます。

植え替えは市販の多肉植物の土で植え付けをします。ホームセンターなどで販売しています。

管理場所・日当たり

直射日光に注意
強い直射日光を浴びると葉っぱが焼けてしまいます。春から秋は戸外の木漏れ日の場所や日陰で管理するか、室内の明るいところで管理します。窓辺に飾っていて、葉焼けしているようならば、カーテンで遮光してください。
冬は室内へ
5度以下になると枯れます。霜に当たると一発で枯れます。暖地であれば戸外で越冬も可能ですが、冬は室内の明るい場所で管理するのが無難です。

特徴・由来・伝承

ベンケイソウ科のマダガスカル原産の植物。八重咲きで、バラのように咲きます。色合いも多種あって流通量が増えています。育て方はカランコエと同じです。
2009年にはクィーンローズ・パリという緑がかった白の八重咲きカランコエがヨーロッパの園芸商品の賞を総なめして、日本にも上陸しています。カランコエにあった、モタっとした野暮ったいイメージが一掃、このパリという品種は上品な雰囲気を持っています。最初こそ価格もかなりお上品でしたが、かなり下がってきています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用