セントーレアの育て方

MENU
TOP>キク科>セントーレア
スポンサードリンク

セントーレア

セントーレア
科名キク科
学名Centaurea
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

花色、葉色に多色ありますが、どのセントーレア(宿根ヤグルマギク)も頑健です。ただし、夏の高温多湿に弱く、風通しが悪い場所だったり、暖地だと枯れて消えてしまうことがよくあります。
コツは水はけと夏に涼しいところで管理すること
庭植えする場合は、夏に涼しい場所で水はけのよい土に植えます。夏には木陰になるか、風通しがよいか……冬の寒さには強く関東であれば、地上部は枯れますが戸外で越冬します。土が凍るくらいに寒い地域では、冬は室内に取り込んでください。
夏越しが出来れば優秀なガーデニング材。
弱点は草丈?

基本的に頑健、夏に若干弱いもの、初心者でも夏越しは出来なくもない(地域にもよりますしね)。花も強烈過ぎず、他の植物と喧嘩しない。おすすめのガーデニング材です。しかし、若干草丈が高い。品種によっては1メートルにも。

水やりと肥料

乾燥には強い、水のやりすぎ注意
繊細な容姿で水切れに弱そうですが、セントーレアは乾燥に強く、逆に過湿に弱い植物です。特に夏の多湿に弱く、蒸れてしまいます。
水は土が乾いたら
鉢植えした場合は、土が乾いてから水をやるようにします。水をやるときは鉢底から水が染み出す位にしっかりとやります。庭植えした場合も土が乾いたら水をやる程度にします。
鉢植えにしたら冬も水を
冬は地上部が無くなりますが、根は生きています。戸外の軒下など雨に当たらない場所で管理していると、乾燥で枯死してしまいますので、たまに水を掛けてやるようにしてください。
肥料も不要
肥料が無くても十分です。肥料をやると大きく育ちますし、花も増えますが、風に吹かれて折れてしまうなど、デメリットも多いので肥料は春から梅雨前に適宜、薄い液肥をやる程度に抑えておきます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で
水はけのよい土を好みます。市販の花と野菜の土に川砂を混ぜて水はけをよくしたもので植えます。普通の培養土でも十分育ちますが、夏の多湿対策に川砂を混ぜた方が夏越しの確率が上がります。

管理場所・日当たり

日当たりで管理、でも高温多湿に弱い
日光を好み、日当たりが悪いと花が付きづらくなります。春から初夏までは日当たりで管理し、高温多湿に弱いので、鉢植えならば真夏は半日陰か涼しいところに移動させて夏越しさせます。
冬の寒さには耐性があります。関東であれば戸外で越冬可能です。冬は地上部が枯れて春にはまた芽吹きます。

特徴・由来・伝承


セントーレアはヤグルマギク属の学名(Centaurea)で、本来はヤグルマギク属全体を表す言葉ですが、一般にセントーレアというと、宿根ヤグルマギクのモンタナ、デルバータ、ギムノカルバ(ピンクダスティミラー)、オウゴンヤグルマギクのことをさしています。ここでは、宿根ヤグルマギク全体について述べています。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用