桔梗咲朝顔の育て方

MENU
TOP>ヒルガオ科>桔梗咲朝顔

桔梗咲朝顔

桔梗咲朝顔
科名ヒルガオ科
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

通常の朝顔より弱い
変化咲き朝顔で、通常の花びらの内側にもう一回り花びらがあります。通常の朝顔よりも性質が弱く、朝顔のように摘芯すると、回復まで時間が掛り、思うように花が咲かなくなります。5月前後に植えたら早めに摘芯して、それ以上の切り戻し・摘芯はしないようにします。
葉っぱが縮れやすい
新芽がどういう具合か、縮れてしまいます。病気ではないので気にしないで大丈夫です。
生育サイクル
春に植えて春から秋まで花が咲き冬には枯れてしまいます。桔梗咲き朝顔は種子も取れますが、通常の朝顔ほどは種子が取れません。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。
春から秋まで土が乾いていたら水をやります。季節が季節なので水をやりすぎて枯れる確率は低いですが、それでも土が長期間濡れていないようにしましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えが適しています
通常のアサガオよりも生育が遅く、根をしっかりと張るまで時間が掛るので庭植えよりも鉢植えの方が花が咲きやすいです。多分、鉢植えに根が詰まり気味の方が花が咲きやすいのではないかと思います。
用土は市販の花と野菜の土
自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜます。普通は市販の花と野菜の土を利用します。最近は朝顔の土、というのもあります。どっちでもいいです。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。
あまりに日差しが強くて新しい葉っぱが縮れたものばかりがでてくるようであれば、半日陰に移動させます。

特徴・由来・伝承

アサガオの変化咲き朝顔の一種。変わっているので人気がありますが、一般的な朝顔よりも成長が鈍いです。変化咲きの中にはツル性になりにくいものなどもありますので、苗のタグをチェックしてください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ヒルガオ科の仲間


ヒルガオ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用