コモンマロウの育て方

MENU
TOP>アオイ科>コモンマロウ

コモンマロウ(ウスベニアオイ)

コモンマロウ
科名アオイ科
属名ゼニアオイ属
学名Malva sylvestris
別名ウスベニアオイ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

コモンマロウで流通しているのは二種
コモンマロウと言う名前で流通しているのは「ウスベニアオイ」と「ゼニアオイ」です。両者には若干の性質の違い、見た目の違いがあるもののゼニアオイは道端に生える雑草。完全に帰化しています。ウスベニアオイも頑健な植物ではありますが、そこまではびこっていません。流通している「コモンマロウ」のほとんどが「ウスベニアオイ」の方です。ほとんど区別なしになっています。

ハーブとして
ウスベニアオイの花を乾燥させてハーブティにすると青いお茶になり、そこにレモンの果汁を垂らすとピンクに色が変わります。この「青い」というのがほんとうに澄んだ青で驚きます。ハーブティには炎症を抑える効果があります。

デカくなるよ!
アオイ科なのもあって草丈が1.5mになります。大きいです。ハーブって楚々としていると思い込んでいる人が多いので気をつけましょう。ただしゼニアオイはせいぜい60センチから80センチ。比較的小さくまとまります。

水やりと肥料

冬は控えて、夏はしっかりと
冬は地上部が枯れます。しかし生きているので鉢植えならば乾燥しすぎない程度に水をやり、庭植えで雨ざらしになっているならば、そのままにしておきます。

春以降は一般的な植物同様に「土が乾いたら水をやる」ようにします。本来は比較的乾燥に強い植物です。ですが夏は乾燥しやすく、すぐにクタっとなるので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。

肥料
植え付けのときに庭植えにするならば堆肥をまぜておきます。その後は緩効性肥料を根本にやってください。鉢植えの場合は、春から秋にかけて月に二回程度、液体肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

直根性につき、植え替え不可
コモンマロウ(ウスベニアオイもゼニアオイも)は直根性といって、一本太い根が伸びるタイプです。このタイプはこの根が傷つくと生育が止まり、枯れてしまうこともあります。植え替えをするときはどうしても根が傷ついてしまうので、無理です。またホームセンターなどで売っている苗も、植える時は根が傷つかないように土を崩さずにそのまま植えます。植えるときに土をギューギューと抑えないようにします。

酸性を嫌う
酸性の土を嫌いますので、庭植えする場合は前もって一週間前に苦土石灰を混ぜておきます。

鉢植え・プランターなら
鉢植えにする場合は、花と野菜の土を利用します。ハーブですが肥沃な土を好みますし、培養土ならば水はけは十分です。

管理場所・日当たり

日当たりを好む
コモンマロウは日当たりを好みます。少々の半日陰でも枯れることはないでしょうけど、日当たりで。

その他

アブラムシが発生します。ハーブティにしないのであればオルトランの利用も。食べるならば、見つけ次第補殺します。

特徴・由来・伝承


ゼニアオイは葉っぱの中央が凹んでいて「銭」のようになっています。そっくりでほとんど見分けがつきません。雑草で生えていたらゼニアオイです。

マロウというと「malva属」全体を表しています。なので一口にマロウというと非常に多くあります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アオイ科の仲間


アオイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用