ツルムラサキの育て方

MENU
TOP>ツルムラサキ科>ツルムラサキ
スポンサードリンク

ツルムラサキ(蔓紫)

ツルムラサキ
科名ツルムラサキ科
属名ツルムラサキ属
学名Basella alba
別名蔓紫
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春に植えたら秋まで収穫可能の野菜
一年草のつた植物。春に苗を植えたり種子を撒いていると春から秋まで収穫が出来ます。一般的には種子から。秋の終わりに枯死します。連作障害が起きないので、同じ場所に植えても問題ありません。

つた植物なので支柱が必要
何かに絡ませる必要があります。支柱やネットが必要です。グリーンカーテンとしても利用可能です。

花はつぼみのうちに摘みましょう
花が咲くと種子を作ろうと栄養を花に回して、株が弱ってきます。そこでつぼみのうちに花を摘んでしまいましょう。花をそのままにしているとヨウシュヤマゴボウのような実が成ります。

水やりと肥料

土が乾いたら水をやる
庭植えした場合も土が乾いていたら水をやります。鉢植えやプランターも同様です。水をやりすぎないようにしてください。受け皿に水が溜まっていたら捨ててください。

肥料
春から秋まで様子を見て、固形肥料を月に一回やるか、一週間に一回液肥をあげます。沢山収穫するには追肥は欠かせませんが、茂りすぎると管理が面倒。様子を見ながら判断しましょう。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


プランターなら4個
65センチのプランターなら4個か5個植えて育てれば、春から秋まで余るほど収穫できます。用土は市販の花と野菜の培養土を利用します。

しばらくして摘芯すると脇芽が出ます
つた植物ですのでネットや支柱に絡ませ、生育して30センチ以上になったらツタの先を摘芯します。すると脇芽が出て来ます。この脇芽の新芽を摘んでサラダにして食べるわけです。摘芯⇒新芽を収穫を秋まで繰り返します。

管理場所・日当たり

日当たりを好み、高温もなんのその
日当たりで育てていると、夏の高温多湿の中でも茂りまくります。収穫が追いつかないことも。

特徴・由来・伝承


東南アジア原産の野菜。日本では沖縄で栽培され島野菜とされます。といっても、温かい地域でないと差立たないわけではなく、宮城や福島といった寒い地域でも育つ。ホウレンソウに似た味で健康野菜として注目されたことも。アクがあってそれほど美味しいわけじゃないです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ツルムラサキ科の仲間


ツルムラサキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用