家庭菜園

MENU
TOP>園芸用語>家庭菜園
スポンサードリンク

安上がり??


手間と経費を考えると購入が楽
野菜を作るには肥えた土が必要ですし、ただ育てるだけじゃなくて「美味しい」となると、やっぱり手間が掛ります。色々考えると結局スーパーで買った方がイイのですが、それでも中には「安上がり」で「簡単」かつ「おいしい」ものもあります。

オススメは…
チャイブベビーリーフパセリツルムラサキ空芯菜(クウシンサイ)、エダマメラディッシュ(ハツカダイコン)、バジルアイスプラントです。

有名どころ

まとめ一覧(☆の数が多いほど育てやすい)

アスパラガス☆☆☆★★
冬には枯れる宿根草。環境が合えば毎年ワサワサと株が大きくなり、収穫が可能。収穫までは二年掛ります。寒冷地向き。

イチゴ☆☆★★★
日光と肥料が揃わないと甘くならない。それにベランダで何株が育てるだけじゃ、満足するほど実がならない。甘い香りがよく、花がかわいい。子供の情操教育としてはイイと思いますが、「食べる」という意味ではまぁまぁ。

インゲンマメ☆☆☆☆★
つるなしインゲンマメならネットや支柱も無しに簡単に育てられます。ただし苗が出回っていないので種子から育てる必要があり、それが初心者には面倒。

エダマメ☆☆☆☆★
鉢植えでも十分収穫可能。取れたては美味しいのです。エダマメは大豆の若いもの。熟すと大豆です。苗は出回っています。

エンドウマメ

オクラ☆☆☆☆☆
初心者向きの一年草。大きなハイビスカスにも似た花が咲き、ボコボコ収穫できます。問題は飽きるほど収穫できるので、どうやって食べるのか?というくらいのこと。

カブ

カボチャ☆☆★★★
比較的育てやすい方に入るのですが、いろいろとコツがあって手軽とはいえません。

キュウリ☆☆☆☆★
準備さえしっかりとすれば――連作障害アブラムシ対策など――収穫は簡単。キュウリは99%が水分で栄養価がない野菜。ほとんど水分のせいもあって化成肥料の匂いが残りやすい。でも一度は挑戦しておきたいです。

コリアンダー☆☆☆☆★
俗に言うパクチー。霜に当たると枯れるので寒冷地ならば4月から6月まで収穫。暖地ならば秋に植えて6月まで収穫可能。

シソ☆☆☆☆★
半日陰で育てると柔らかくておいしいシソが出来ます。問題はバッタによく食べられること。ベランダ菜園だとこのリスクはかなり小さくなります。

サトイモ

ジャガイモ☆☆☆★★
畑があれば☆5つ。作りすぎてお裾わけが追いつかない。植えてから収穫までが短くて済み、毎年種イモを植え付ければ沢山収穫できる。鉢植え・プランターだと収穫量が労力の割に非常に少ない。

シュンギク

ショウガ☆☆☆☆☆
育てるのは難しくないのですが、一個の種ショウガから結構な量が収穫できて、消費しきれないかも。我が家のショウガ消費量を相談してください。

ハツカダイコン(ラディッシュ)☆☆☆☆☆
ハツカダイコンの名は伊達じゃない。収穫がすばらしく、サラダに最適。オススメ。プランターで十分。

ゴーヤ☆☆☆☆☆
グリーンカーテンとしても利用される。収穫はすばらしく簡単。一つの苗から食べきれないゴーヤがなる。そのため来年も植えようとは思わない。

意外といける

パセリ☆☆☆☆★
乾燥に弱いことを除けば、半日陰で育ち、ベランダ&キッチンで育つ。アブラムシにやられるので食べる前に必ずチェックを。

トウモロコシ☆☆★★★
育てるのは難しくないのですが、収穫するとなると大変。トウモロコシは収穫すると一時間で糖度が半減します。もぎたての甘さは家庭菜園だけの利点。でも相当な上級者向け。

チャイブ☆☆☆☆★
ネギのようなハーブ。アサツキのように細く、小さく切って利用します。アサツキはチャイブの変種。苗が流通していませんが、簡単に育つので今後は家庭菜園で人気が出るかも。

一覧

トマトミニトマト☆☆☆☆★
育てるのは簡単ですが、おいしく収穫するのは手間が掛ります。まずはミニトマトから。

アイスプラント☆☆☆☆★
土中の塩分を吸い上げて葉に溜めこむ機能があり、塩害対策に利用される注目の野菜。プランターで育てられる。

予備軍

スイカ ゴボウ ゴマ セロリ ソラマメ 大根 タマネギ チンゲンサイ ナス ニラ ニンジン ネギ 白菜 バジル ピーマン ブロッコリー ホウレンソウ ミント モロヘイヤ レタス ロケット チャービル アーティチョーク
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

園芸用語の仲間


園芸用語の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用