虹の玉の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>虹の玉
スポンサードリンク

虹の玉

虹の玉
科名ベンケイソウ科
属名セダム属
学名Sedum rubrotinctum
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

非常に頑健な多肉植物
花も咲きますが、観葉目的の多肉植物。寒さにも強く、雪・霜に当たっても枯れません。といっても土が凍るような寒冷地ならば室内に取り込みます。

水やりと肥料

多肉植物で乾燥に強く、水をやりすぎると腐ってしまいます。しかし多肉植物にしては水を好み、夏の乾燥時期は水が切れると葉っぱが落ちることもあり、気を付けて水をやるか、半日陰に移動して極端な乾燥を防ぐようにします。

肥料のやりすぎ注意
肥料が多いと葉が落ちます。しかし、肥料が少なすぎても徒長し、ヒョロっと伸びた先に葉っぱがモコっと残るという不格好な姿になります。様子を見て肥料をやってください。肥料はサボテン用の液肥なんてものもありますので、そちらか、緩効性の化成肥料をやります。ボカシをやるときは安いものを買わずにしっかりと発酵したちゃんとした会社が売ってるものを買ってください。固形のものであれば二カ月に一回。液肥は二週間に一回程度です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは他の多肉植物と同じように、多肉植物・サボテン用の土で植え替えをします。根が詰まると下の方から葉っぱが落ちて来ますので、目安にしてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日陰だと葉っぱが赤くなりませんし、元気も無くなります。室内で管理する場合も必ず日当たりで管理します。

徒長しちゃったら

徒長する前に、先っぽをちょっとずつ刈り込んで小さくするように努めるか、もう延びちゃったら、バッサリ切って挿木します。

簡単に挿し木可能
適当に切って、切り口が乾くまで日陰で陰干しします。それから多肉植物・サボテン用の土に挿していると、根が出て来ます。発根するまでは水やりはしません。難しくありません。

いきなり全部挿木するのではなくて、何本かづつやりましょう。やり方がうまく行かずに全滅したら悲しいですからね。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承


ベンケイソウ科のセダム属の植物。多肉植物で艶のあるプクプクした葉っぱの先が赤くなる。寒さに当たると茶色くなります。英語名はクリスマスチア―=クリスマスの御馳走。緑の部分が少ない「オーロラ」はこの虹の玉の変種。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用