ケヤキの育て方

MENU
TOP>ニレ科>ケヤキ
スポンサードリンク

ケヤキ(欅・ツキ)

ケヤキ
科名ニレ科
属名ケヤキ属
学名Zelkova serrata
別名欅・ツキ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


秋に紅葉し冬は落葉する。春になると新芽よりも先に花が咲き、その後、実が成る。花や実より樹形や季節の移り変わりを楽しむ植物。THE樹木という枝の張り方をします。樹高は20m以上になり、30m以上のものも珍しくもなんともない。雄花と雌花があって一本のケヤキになります。花は地味。
本州で生育し、特に関東でよく見られる街路樹。

剪定は落葉時期に適当に
花や実は鑑賞するものではないので、気にせず落葉時期に適当に剪定をします。樹形を楽しむものですので、剪定は風通しをよくし、内部まで日が指す程度にとどめます。

水やりと肥料

乾燥に弱いところがありますが、一旦根付いてしまえば真夏の乾燥時期以外は水やり不要です。苗を植えた場合は十分成長するまで(二年か三年)は乾燥しないように水をやってください。特に冬は葉が無く、水やりを忘れがちになります。

肥料
肥料があるとよく成長しますが、絶対必要というわけではなく、土が肥えているならば肥料はやりません。二月の落葉時期に株の周囲に穴を掘って鶏糞か堆肥を混ぜ込みます。

植え付け・植えかえ・種蒔き

土は選びませんが、比較的みずもちの良い土を好みます。とはいっても、穴を掘ったら水が染み出すような場所では根が窒息してしまいます。庭に植える場合は前もって1mくらいは掘って見ましょう。

管理場所・日当たり

大気汚染に弱い・狭い場所は不向き
真夏の直射日光にも強く、北海道以外では冬も問題なく越します。寒冷地では平地で、暖地では比較的高地に見られるので、本州以南なら何処でも育つ――というと語弊があります。大気汚染に弱く、都市部では育ちません。枝の張り方が広く、狭い場所には不向きです。

育てる場所は日当たりです。
スポンサードリンク

その他

虫えいについて
けやきの葉にコブが出来ていませんか?これは寄生虫が中でうごめいていて、このためにケヤキが枯れることは無いのですが、コブが出来た葉っぱがいずれ茶色くなって枯れてしまい、非常に見苦しい。

このコブの中にはケヤキハフクロフシという虫が詰まっていて、このコブでケヤキの汁を吸って成長し、いずれ飛び去っていき、ササやタケで活動し、またケヤキに帰ってきて卵を生む。近くにササやタケがあるなら、これを刈り取ってしまいたい(他人の庭なら無理ですが)。さしあたって対応策は無い。

特徴・由来・伝承


北海道以外で自生する木。街路樹や庭木としてよく利用されていて、市や県の木になっています。樹高が20m以上に育ちます。雌雄同株で雌雄異花です。つまり雄花と雌花が咲きます。一本あれば花も実もつきます。ケヤキは木目が美しくいので建築材・家具材として利用されますが、伐採してから乾燥するまで時間が掛り、その間に乾燥によって曲がってしまうために、柱にするのは大変。大工泣かせと言われます。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用