トリカブトの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>トリカブト
スポンサードリンク

トリカブト(鳥兜)

トリカブト
科名キンポウゲ科
属名トリカブト属
学名Aconitum
別名鳥兜
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

売買、育てるのも合法
殺人事件に利用されるなどトリカブトは危険な感じがするのですが昔から生け花などに利用される綺麗な花。売買も育てるのも別に違法ではありません。苗も売ってます。

でも危険です
植え替えするときは、必ずビニールの手袋をつけます。トリカブトは全てに毒があり、手に傷があるとそこからトリカブトの汁が入って危険です。

生育サイクル
春に芽吹いて夏に花が咲きます。ふゆになると地上部が枯れて根で越冬。北方系の植物で真夏の暑さと直射日光に弱い。

水やりと肥料

ちょっとジメジメしたところを好む
森の中の木漏れ日がそそぐジメジメした場所を好み、乾燥に弱いです。真夏は乾燥しすぎないように気を付けましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

半日陰・日陰を好む
真夏の暑さと直射日光が苦手で、年間を通して半日陰で育てます。用土は山野草の土。水はけがよい土を利用してください。

種子で増やす
ポット苗で植える時も土を崩さず、ギュっと抑えないようにします。秋に種子を収穫して春に撒いて育てます。

特徴・由来・伝承

日本三大有毒植物の一つ。他にはドクウツギとドクゼリ。非常に毒性が強いのですが、葉っぱの形が野草として食されるニリンソウやセリ、ゲンノショウコ、ヨモギにも似ているので誤食が現在でもちょくちょくあります。また蜜にも毒があり、トリカブトから集めた蜂蜜でも死ぬので、養蜂家はトリカブトの開花時期と自生する地域を避ける。

色々と
トリカブトの根から作った毒を「附子(ブシ・ブス)」と言います。富士山にトリカブトが生えているから附子が転訛して「富士」になったとも。ただし富士山は竹取物語でかぐや姫が置いていった「不死の薬」を燃やしたからというのがよくある説。

またブサイクのことを「ブス」というのはトリカブトの毒によって顔面がアレしちゃった!というのが由来と言う話もあります。

女神ヘカテーを司る植物とも。ヘカテーは魔術の女神。元々はティタン神族とも冥府の神で有力な存在とも言われていますがその後には妖怪のような扱いになっています。

トリカブトはケルベロスのよだれから生まれたとも。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用