セダム・オーロラの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>セダム・オーロラ

セダム・オーロラ(宇宙錦)

nophoto
科名ベンケイソウ科
属名セダム属
学名Sedum rubrotinctum -Aurora
別名宇宙錦
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

虹の玉とちょっとだけ違う
虹の玉の園芸品種。虹の玉は霜や雪に当たっても枯れないのに対して、オーロラは寒さに当たると傷んでしまうので、一般的には冬は室内で管理するか、戸外の軒下など霜が当たらない場所で管理します。
あとは同じです。100円ショップでも売ってるので軽い気持ちで始めるのに適しているガーデニング材です。

オーロラという名前は
他にムラサキオモトアネモネなどよく見かける品種名です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎ注意
乾燥に強く、水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。サボテンのような感覚です。水をやる前に土に触ってみて、土が濡れているようならば絶対に水をやりません。土がカラカラに乾いてからやるようにします。頻度は環境によってかなり違います。受け皿に水が溜まっている場合はマメに捨ててください。
高温期に水をやるとニョキニョキと生育しますから、水をやりすぎない程度にすると成長を楽しめます。ここらへんは徐々にコツをつかむようにしてください。

冬は水やりを控える
冬は生育が止まります。この時期でも定期的に水はやらないといけませんが、土が乾いてから数日経って水をやる程度に控えます。水を頻繁にやると、オーロラが吸い上げる力が落ちている上に、気温が低くて蒸発が鈍くなっているので、すぐに根腐れします。

肥料は控えめに
肥料があると夏によく生育しますが、肥料が多いと下葉から黄色く変色して枯れて来ます。やるならば少量。液肥を薄めてやるか、緩効性肥料を少量やります。液肥なら二週間に一回、固形の緩効性肥料ならば二カ月に一回程度です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

増やし方
オーロラは虹の玉と違って挿し葉が出来ません。挿すと根が出るのですが上手く行きません。そこで、脇芽を切って挿し穂にします。つまり葉ではなく茎から根を出させます。脇芽はオーロラの先端を切ることで出て来ます。切った脇芽を土に挿して、水もやらず日陰で管理しておきます。二週間から一カ月ほど経って根が出てきたら、土に植え替えをします。挿し穂する土も多肉の用土です。時期は春から秋。夏は暑すぎて生育を阻害するので、オススメは春です。

管理場所・日当たり

日光を好み、戸外の日当たりを好みます。春から秋は戸外の日当たり。冬は寒さに弱いので室内。もしくは年中室内の日当たりで管理します。

冬の管理
虹の玉は霜に当たると赤くなりますが、オーロラは枯れないのですが傷んでしまいます。気にしないならば戸外でも構いません。冬もできるだけ日当たりで管理します。
冬は生育が止まりますが、10度以上で生育を開始します。

特徴・由来・伝承

セダム・虹の玉の園芸品種で紅い部分が多いもの。育て方は虹の玉と同じ。日光を沢山浴びると赤が強くなります。園芸名・和名は「宇宙錦」。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用