アカシアモニカの育て方

MENU
TOP>マメ科>アカシアモニカ
スポンサードリンク

アカシアモニカ

アカシアモニカ
科名マメ科
属名アカシア属
学名Acacia-dealbata
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


水はけのいい土に植えてください。日本の梅雨の長雨にあたると傷みますので、この時期は軒下に移動させましょう。
寒さには一定の耐性がありますが、霜や寒風にあたると落葉します。「落葉=枯死」とは限りませんが、寒冷地では、冬は室内に取り込んだ方が無難です。

強風にさらされると折れてしまうことがありますので、風の吹きぬけるような場所は避けてください。もしくは台風の前に枝を短く切ったり、強い支柱が必要です。
まとめ
●支柱が必要
●水はけの良い土で。
●寒さはある程度、耐性がある。むしろ蒸れに弱い。
肥料は無くていい。

水やりと肥料

土が乾いていたらたっぷりと水をやってください。アカシアは蒸れに弱く、梅雨~夏にかけて傷みやすくなります。蒸れを避けるために、土が乾いていないうちは水を与えないでください。
肥料
マメ科植物で空気中の窒素を取り込むことができます。肥料は無くても十分育ちますが、リン・カリを含んだ肥料をやることで生育は早くなります。肥料が多いと病気の元になりますし、そもそも肥料をさほど必要としない種類なので、やらないほうがむしろ無難。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は一般的な花と土の培養土で大丈夫です。
ミモザアカシアと同じく、水はけの良い、日の当たる場所が好ましいです。土地が痩せていても、すくすくと育ちます。暖地であれば露地植えも可能です。
●アカシア-モニカは矮性(小さい)で、アカシア類の中ではもっとも背が低い品種です。鉢植えでも育ちます。

支柱を
茎というか幹が弱いので、強風にポキっと折れやすいです。支柱を添えて折れないように支えてあげてください。

管理場所・日当たり

日当たりで管理します。
マイナス五度まで耐えられますので、霜くらいでは枯れません。関東では路地植えも越冬可能ですが、あまり強い寒波に会うと傷んでしまいます。
●寒さよりも、蒸れの方が天敵。
●暑さと過湿で枯れることが多い。梅雨と夏は風通しの良いところで管理すること。
●梅雨前に一回、枯れた葉っぱをむしり、混み合った枝を少しさばいて風通しを良くすると良いです。

特徴・由来・伝承

一般的なアカシア(ミモザアカシア・銀葉アカシア)より、背が低く、葉っぱや花も小さいので、お家で楽しむガーデニングには向いていると思います。かわいい花と綺麗な葉っぱが人気です。

育て方はミモザアカシアと同じですが、アカシアモニカは背が低く、こんもりと地表を覆う感じに育つので、街路樹にも使われるミモザと同じようにはなりません。
鉢植えで楽しむと考えた方がいいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用