ポトス・マーブルクイーンの育て方

MENU
TOP>サトイモ科>ポトス・マーブルクイーン
スポンサードリンク

ポトス・マーブルクイーン(オウゴンカズラ)

ポトス・マーブルクイーン
科名サトイモ科
属名ハブカズラ属
学名Epipremnum aureum
別名オウゴンカズラ
みずやり水控え目
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋から冬に弱い!
頑健で育てやすい通常のポトスとライムポトスに比べて、実は非常に弱く、初心者には不向き。見た目が愛らしく、カラリーフとして魅力的で「ポトスは簡単」という先入観もあって、購入する人が多いのですが、冬に失敗しやすいです。
白い部分には葉緑素が無い
白いマーブル部分には葉緑素が抜けています。そこがカッコイイのですが、このために、光合成が鈍く、水分の吸い上げが弱く、体力がありません。水はとにかく控えることと、直射日光はとにかく避けること。この二点に注意すれば育てることは出来ますが、「水を控える」というのが案外と難しく、すぐに根腐れしてしまいます。

水やりと肥料


水は控えめに
ポトス・マーブルの白い部分には葉緑素が無く、その分だけ水分の吸い上げと体力がありません。水は土がしっかりと乾いてから水をやるようにします。この具合が意外と微妙で、冬に根腐れして枯れてしまいます。
画像のように腐ります
水が多いと画像のように黒く変色して腐ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

寄せ植えはやめておく
水を吸い上げる力が鈍く、過湿に弱いのか、寄せ植えしてしばらくすると腐って枯れて姿を消します。やめておきましょう。
土は観葉植物の土で
水ハケのよい観葉の土で行います。
挿し木も難しい
全体的に弱いので、発根剤を使っても挿し木に失敗することがあります。

管理場所・日当たり

年間を通して室内で
直射日光を避けて、室内で管理します。夏の暑さには強いですが、冬は5度以下にならないようにします。出来れば冬は10度前後あった方が越しやすいです。リビングなど人が生活する部屋であれば5度以下になることはありません。
葉焼けしやすい
通常のポトス・ライムポトスよりも葉焼けしやすく、気をつけないと葉っぱが黄色くなったり、黒いしみが出来て穴が空きます。そうなるとその部分は復活しないので気をつけましょう。カーテン越しであれば大丈夫です。

特徴・由来・伝承


ポトスのマーブル模様の斑入り品種。ギフトにも自宅観葉植物としても人気がありますが、意外と弱い。冬には枯らしてしまうくらいの気構えが気楽。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

サトイモ科の仲間


サトイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用