水やりを簡単で楽チンに

MENU
TOP>トラブル>水やりを簡単で楽チンに
スポンサードリンク

水やりを苦行にしない

水やり三年、なんて言葉があるように実は繊細で難しい作業の水やり。楽しいときもありますが、毎日となると、大変です。そこでちょっとしたコツで水やりを楽にしましょう!

大きなジョウロ

意外な盲点、ジョウロ
ホームセンターなどで売っている如雨露(ジョウロ)でも大きめなものを選びます。大き目と言っても、6Lか7Lかその程度。持ち運べるならば10Lでもいいですが、自分の腕力と相談して決めて下さい。
また、「かっこいい・かわいい」ものを選びます。
ガーデニングをしているわたしって素敵!あぁ庭にかわいいジョウロで水を撒く姿を想像してうっとりするようなものが良いです。ジョウロを庭の片隅に置いていても「格好が付く」ものがいいです。道具ではなく庭のインテリア、庭の一部とすることで庭が好きになりますよ。
ジョウロなら液肥が簡単に
ジョウロなら液肥が簡単に植物にやれるという大きなメリットがあります。といっても肥料はほどほどに。

ホースリール

ホースリールは便利なもの。選ぶコツとしては「ホースの太さは20mm以上を」というのもありますが、ようは「よれない」ことです。最近は細くても寄れにくいホースがあります。
長く伸ばして水をやっていると、捻ってよれて水が止まることが非常に多く、「イラ」っとします。
毎回仕舞わない
引っ張り出したホースを毎回リールでしまうのではなく、ちょっと出しておいて、いつでも水遣りが出来るようにします。そのためにホースの色が庭の色に合うものを選びます。最近は濃い茶色のものもあります。よく検討して買うと楽しいです。

雨水を溜める?


雨水をためて、それで水やりを……という人もいます。エコで水道代節約にもなるし……すごいのですが、相当な覚悟が必要です。夏には蚊がわきますし、水が腐ってにおいもしますし。

自動水撒き

最近では放水をセットしておくと定期的に水をやってくれる「自動水撒き機」があります。これなら、毎日やることもできますし、何日おきに何時にという設定も可能。また雨が降ったら水をやらない、ということもできます。これなら海外旅行にも行けますよ。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用