環境が変わると葉が落ちる

MENU
TOP>トラブル>環境が変わると葉が落ちる
スポンサードリンク

環境が変わると葉が落ちる

ベンジャミンアジアンタム…他の植物でもそうなのですが、風向き、温度、湿度などが変わったら、葉っぱがポロポロと落ちます。

環境への適応


まずはあわてない
環境が変われば、合わせて変化しようとするのが植物です。少々の変化がなんとも無いものも多く有りますが――特に観葉植物では置き場所を替えただけで葉っぱがポロポロと落ちてしまうことがあります。まずはあわてずに、そのままにしておきます。というのも、また置き場所を替えれば、更に葉っぱが落ちるからです。
変化にはタイムラグがある
環境が変わったら、翌日にでもポロポロと落ち始めれば、すぐに分かろう物なのですが、数日後(例えですからね)にやってくると、不意打ちを食らったような気分になります。それでもあわてずに今までどおりに世話をします。

やっちゃいけないこと

落葉したから肥料をやる
「あぁ!理由は分からないけど肥料をやろう!」と液肥などをやる人がいますが、時期によってはその肥料が命取りです。また落葉したからといってあわてて、土が乾いても居ないのに水をやると、これまた時期によっては命取りです。とにかくあわてない……

でもちょっと考えてみる


一口に落葉といっても、環境の変化が原因とは限りません。もしも環境の変化ではなくて他に決定的な問題があったら、どうしよう……そういう不安についてもチェックしてみましょう。
クーラー・暖房の風が当たっていませんか?
冷暖房の風は極端に乾燥しています。これが直にあたっていると、どんな植物でも――人間だって乾燥でかぶれますよね――枯れてしまいます。これは車で植物を運ぶとき(例えばプレゼントの胡蝶蘭を持参するときなど)も、冷暖房の風に気をつけてください。蘭類は30分でも当たればしおれてしまいます。
寒い・暑いについて
基本的に「人が生活している」場所ならば、気温に関して言えば大丈夫です。真冬であっても昼間に人が活動している場所ならば夜中になっても、5度以下になることはありません。ただし、窓の近くは外気に近く、氷点下になることもあります。
夏の暑さに関しても昼は人が生活しているような場所なら大丈夫です。
日照不足について
観葉植物は室内で育てるもの……と思っている人が多いですが、観葉植物の多くは熱帯のジャングルで育つもので、うっそうと茂って日光が少ないとはいえ、完全な室内で蛍光灯だけで育つということはありません。日光が少ないと徒長してひょろ長く伸びますし、生育不良から水の吸い上げが鈍くなり根腐れも多くなります。観葉ならば直射日光を避けますがあくまで窓があって日光が入る場所です。他の植物は解説ページをよく読んで参考にしてください。
水のやりすぎ!
仕事場・リビングに植物の鉢を置いているとついつい水をやってしまいます。でも水やりはどの植物も「土が乾いたら」。ルーティンワークの中に水やりを組み込むと大抵は「根腐れ」します。すると落葉することがあるので水やりについて、もう一度考察してみましょう。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用