庭を狭くしたいなら

MENU
TOP>ガーデニング知識(上級編)>庭を狭くしたいなら

写真集では広い庭が定番ですが

広い庭に雑多な植物が植生に近い感じで植えられている写真集を見ると、あこがれちゃいますよね。でも、初心者はアレではなく、もっと植える面積の狭い庭を目指してから、徐々に面積を増やすのが無難です。

植える前にどんな庭にするか?ということを考えます。
ここでは「狭い庭」「植える面積の少ない」ものをすすめていますが、じゃあ、それって具体的にはどういうことか?
スポンサードリンク

ちょうどいい庭の広さを


鉢植えから
庭に植えてしまえば、ほとんど手間のかからない宿根草もあります。日陰で育つシェードガーデンもあります。いきなりそういうものをあちこちに植えるのではなく、まずは手の届く場所、目の届く場所に、手を掛けられるだけの植物を植えましょう。

イラストにはデッキに鉢植えが置いてある風に書きましたけど、それは例えです。ようは植えるものをまずは控えてみて、それで自分が「どこまで出来るか?」を図っていきます。

すでに広い庭だったら

庭の広さなんて、あなたがどうこう考えてもどうにもならないものです!って言われると反論できません。徐々に庭を大きくすることなんて出来ませんよね。わたしとしては成功体験を重ねることでガーデニングを楽しめるようになってほしいので、こう書いてあるのです。でも、まぁ、すでに広い庭の人のため――

芝は植えないでグランドカバー
芝は手間がかかります。グランドカバーは踏み付けに弱いですが、手間がかからないのは最大のメリット。詳細はグランドカバーのページを参考にしてください。

砂利を敷くと雑草も生えない
砂利を敷くことで土の面積が減り、ガーデニング管理が楽になります。ただし、費用もかかりますし、手間もかかります。グランドカバーと置石も視野に入れます。
参考:砂利をしくときの注意点

置石
置石を敷くことで土の面積を減らせます。最近ではパネル型のものもあって便利です。昔からあるレンガや枕木(電車の線路の下に引いていたやつ…最近は高い)も人気があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ガーデニング知識(上級編)の仲間


ガーデニング知識(上級編)の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用