寄せ鉢

MENU
TOP>ガーデニング基礎知識(中級編)>寄せ鉢

寄せ植えと寄せ鉢は違う


寄せ鉢は鉢を籠に詰めたもの
寄せ鉢ってなんだろう…と思う人は多いはずです。寄せ鉢自体は沢山流通しているのですが、いまいち知名度は低い。寄せ鉢という言い方自体も花屋や関係者がそう呼んでいるだけで、一般的な呼び名ではありません。
ギフト商品としてよく見かけます。ラッピングもしやすく、雑貨が添えられていることも。切花のアレンジや寄せ植えよりも価格が安いですが、作成には熟練を要すものです。
鉢のアレンジメント・寄せ籠という言い方もしますが、どちらにしても一般的ではありません。
対して寄せ植えは植えつけたもの
寄せ植えは同じ鉢に植えつけたもので、当然ながら同じ土に植わっています。一言でいうと簡単ですが、これが知識も無くやると上手くいかない。作ること自体は簡単です。育てていくうちに、一種の植物が繁茂して他の植物を駆逐したり、日当たりや気温や水の加減に差があるために共存が難しい組み合わせになっていたりと、時間とともに崩れていくのがほとんど。ワンシーズン(3ヶ月くらい)を楽しむものと考えると優秀です。
スポンサードリンク

寄せ鉢の注意


水遣りは内部のポット・鉢ごとに
寄せ鉢は籠のなかにポットや鉢が入っているだけですので、それぞれに水をやらなくちゃいけません。寄せ植えのように土を共有していませんから、一箇所に水をやっても駄目。このあたりを誤解している人が多いので気をつけましょう。
いずれバラバラにすると考える
寄せ鉢の組み合わせは別に「同じ場所で育てる」というルールで一緒にしているわけではなくて、単に「組み合わせが綺麗」とか「ギフトとして人気があるセット」という具合に植生とは関係ありません。なので、寄せ鉢の中に入っているポット・鉢はしばらくしたら、バラバラに――それぞれに適した環境・管理で――しなくてはいけません。

そういう意味では貰った人がガーデニングに慣れていると喜ばれますが、ガーデニングに興味の無い人は戸惑うギフトになりますね。でも、贈る方も詳しくないことが多いから、問題にならないです(まずいかな?)。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間


ガーデニング基礎知識(中級編)の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用