モモイロタンポポの育て方

MENU
TOP>キク科>モモイロタンポポ
スポンサードリンク

モモイロタンポポ(クレピス・センボンタンポポ)

モモイロタンポポ
科名キク科
属名クレピス属
学名Crepis rubra
別名クレピス・センボンタンポポ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

モモイロタンポポ(桃色蒲公英)は学名のクレピスで呼ばれることもあるキク科の一年草。タンポポとは全くの別種で生育サイクルも違います。花の形もタンポポに似ているような気もしますが、それほど似てないような。葉っぱは似ています。生え方も似ています。
性質について
枝分かれしやすく、花がしぼんだからまめに花ガラ摘みをすることで、次の花が咲きやすくなり、長く楽しめます。
生育サイクル
秋に種子を撒き、春に花が咲きます。冬の寒さにちょっと弱くて、霜が降りる地域では霜よけが必要です。霜の降りない暖地であれば、防寒はフヨウです。

水やりと肥料

水のやりすぎに注意します。どちらかというと乾燥を好み、水をやりすぎると根が腐ってしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

霜に当たると、すぐに枯れてしまわなくても、何度か当たると枯れてしまいます。そこで霜が降りる地域では鉢植えにして、冬は霜の当たらない軒下に移動させるか、庭植えにして冬は霜よけと防寒をします(面倒なのでそこまでしない)。暖地であれば庭植えでOK。
用土は普通の培養土
用土は普通の培養土か、この培養土に川砂か赤だま土を1割ほど足して水はけをよくしてから植えつけます。
こぼれダネで増えることもあるけども
モモイロタンポポは花がしぼんだ後、そのままにしていると簡単に種子が出来ます。白い綿毛ついていますが、通常のタンポポとは形状が違います。そのままにしていると、種子が飛んでいって、そこらへんで発芽、秋以降に芽を出すことがあります。とはいっても、発芽率が非常に低いですので、あまり期待しないでください。
もしも運よくこぼれダネが発芽していても、霜が降りる地域ではそのままにしていると枯れてしまいますので、鉢植えに植え替えて霜を避けます。掘り返すときは根を痛めないように深めに掘って植え替えをします。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。日当たりが悪いと徒長してひょろながになります。

特徴・由来・伝承


名前にタンポポと付きますが、全くの別種。ただし容姿は似ています。一般的なタンポポが、根元から一本の花茎が伸びるのですが、モモイロタンポポはこれが枝分かれしやすく、花が沢山咲くのが特徴。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用