ツリバナの育て方

MENU
TOP>ニシキギ科>ツリバナ

ツリバナ(吊花・エリマキ)

ツリバナ
科名ニシキギ科
属名ニシキギ属
学名Euonymus oxyphyllus
別名吊花・エリマキ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ツリバナは北海道から九州まで自生する落葉低木。低木といっても樹高は4mまで成長することも。大体は2,3mくらいで抑えられます。谷川沿いに生えていることが多く、水を欲しがります。卵形の広葉樹らしい葉っぱと派手とはいえませんが、ぶら下がって咲く、趣のある花が日本人の美意識にグッと来ます。秋には裂けると真っ赤な綺麗な実がなります。ツリバナは花よりも実に観賞価値のある植物です。
紅葉もあるけど
紅葉します。環境によっては赤くなったりオレンジになったりします。ですが、紅葉はあまり宛にしないほうがいいでしょう。それよりも花と実です。
育てるのは簡単
スポンサードリンク

水やりと肥料

ツリバナは庭木でシンボルツリーにするようなもので、鉢植えにはしません。庭植えします。庭植えすると、日照りにもよりますが降雨だけで大丈夫です。基本的に放置でOKです。
真夏は水をやってください
ただし真夏は水切れしないように状況を見て水をやってください。ツリバナは庭木としては水を欲しがる種類です。
二月に寒肥を
二月の真冬に釣り場なの根元に肥料を混ぜ込んでやります。肥料があったほうが花が咲きやすいですが、無かったから枯れるというものでもありません。山に自生するくらいですからね。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けの適した時期は落葉時期の秋から春まで。ですが、ツリバナは弱い木ではありませんから、それほど気にせず、春から夏でも植えることは可能です。

管理場所・日当たり

日当たりよりも、半日陰を好みます。
ツリバナはどちらかというと――あくまで庭木にしてはです――水もちの良い環境を好みます。というか、乾燥が苦手です。庭の土を掘り返したときに水が染み出すくらいに「水はけ」が悪いのは困りますが、極端に水はけがよすぎて、すぐに乾燥したり、西日が根元にあたって乾燥するようなら、痛んでしまいます。

ツリバナはそもそも谷川の傍に生える水を求める植物です。

こういった理由で日当たりは避けたほうが無難。それに少々の日陰くらいなら問題なく生育します。ただし、日当たりが悪いと花つきが悪くなり、実が減ります。ツリバナのメリットが生かせないので、日陰も避けましょう。

その他

剪定は冬に
ツリバナの剪定は落葉時期に、邪魔な枝を取り払うようにします。あまり大きく太く育つと、のこぎりで切り落とすようになりますので、邪魔な枝は早めに判断して落とします。

自然な樹形を楽しむものなので、整形はほどほどにします。また冬の間に強い剪定をすると、花芽を落とすことになるので、とにかくほどほどに。

特徴・由来・伝承


春は花、秋は実と紅葉が楽しめ、冬は落葉する。ツリバナは四季を感じられる木です。剪定もそれほどする必要ではないし、病気や虫も少ないので、日本庭園に利用されます。

ツリバナの名の由来はもちろん、その花の形状から。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ニシキギ科の仲間


ニシキギ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用