ミカニア・デンタータの育て方

MENU
TOP>キク科>ミカニア・デンタータ

ミカニア・デンタータ

nophoto
科名キク科
属名ミカニア属
学名Mikania dentata
みずやり水を好む
場所室内
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

葉っぱの裏が紫の植物。流通量が少ないのでネット買った方が早いです。
日陰に強い
ミカニアの特徴は「日陰に強い」こと。通常の植物同様に日陰だと徒長(ひょろ長くなる)してしまいますが、それでも枯れるわけではなく、生育します。かといって日向に弱いということもありません。ただし真夏の直射には葉焼けしますし、暑さで枯れることがありますので、夏は室内や日陰で管理します。
部屋で育てる観葉
寒さに弱く、冬は室内で管理しなくてはいけません。つまりどうせならば、年間を通して室内で管理するのが良いということです。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは土が乾いたら、という一般的な水遣りをします。土が乾いているうちは水をやらないようにし、水をやるときは鉢底から水が出てくるくらいにしっかりとやります。大事なのはメリハリで、やるときはガッチリ、やらないときは水をやらないようにします。冬に水を控えますが、それは量ではなく、頻度です。水をやるときは冬でもしっかりとやってください。
水切れ注意
ミカニアは水切れすると、シンナリしてしまい、葉っぱが傷んでしまいます。葉っぱを鑑賞するものなのに、葉っぱが痛んでは悲しいです。水が切れないように、注意してください。
葉水を!
乾燥するとハダニが発生します。土への水やりとは別に、霧吹きで水を葉っぱに掛けてあげてください。
冬は水を控えて
秋以降は水やりを控えて、冬は土が乾いてから数日経って水をやるようにします。冬に水をやりすぎると根が腐ってしまいます。受け皿に水がたまっていたら捨ててください。根腐れの原因と成ります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けするときは観葉の土で
ミカニアを植える土は「水はけ」が良ければOK。室内で管理する場合は、市販の培養土だと腐葉土が臭ってしまうので、観葉植物の土を利用するとニオイが少なくて済みます。
挿し木も!
暖地夏越しが厳しいかもしれない人は、春(五月・六月)あたりに、挿し木をして保険を掛けておくとよいです。節を二個か三個、あるように脇芽を切って、土に挿しておくと根付きます。葉っぱは3枚か四枚残しておきます。

管理場所・日当たり

日当たりから日陰まで
ミカニア・デンタータは耐陰性があり、少々日陰でも育ちます。といっても、窓が全く無いような部屋では枯れてしまいます。室内の窓があって光が挿していている部屋で育てて下さい。
戸外の日当たりは……
ミカニアは真夏の直射日光には葉焼けすることがありますし、真冬は寒さで枯れてしまうので、室内で管理しなくてはいけません。耐寒温度は3度から5度ですから、霜の降りない暖地であれば戸外で越冬も可能です。
●耐暑性はあり、35度以上でも枯れない。ただし元気が無くなるので、戸外の日当たりではなく、半日陰や日陰で管理してください。

その他

ハダニやアブラムシが発生します。ハダニは霧吹きで水を掛ける(葉水)で予防できます。葉水は年間を通して行うことで予防できます。アブラムシはオルトランを前もってあげておくと良いです。

特徴・由来・伝承

ミカニアはキク科ミカニア属の植物で、観葉植物として流通しているのは「ミカニア・デンタータ(もしくはテルナータ)」です。感覚としては、シッサスシュガーバインのような感じです。真っ白な花が咲きます。キク科というと舌状花と管状花の集まりと相場が決まっていますが、舌状花が無く、キク科らしからぬ花です。花に鑑賞価値は無いとされますが、大株に育ったミカニアの花はなかなかのもので、葉っぱの渋い色合いに映えます。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用