ブラッククローバーの育て方

MENU
TOP>マメ科>ブラッククローバー

ブラッククローバー(クロツメグサ)

nophoto
科名マメ科
属名トリフォリウム属
学名Trifolium repens var. nigricans
別名クロツメグサ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

難易度は地域による
夏越しに気を使う必要が無いなら、庭植えしていると、邪魔になるほど広がります。室内観葉用に流通していますが、戸外で育てるものです。
●ブラッククローバーラッキークローバーで流通することがあります。注意!
夏の暑さに弱いが常緑で育てることも
高温に弱く、夏は日向で管理すると厳しいです。冬はマイナス5度度前後までは耐えられますが、土が凍ったり、強い霜に当たれば枯れてしまいます。
●繁殖力が強いので、庭植えする場合は近くに弱い植物ないようにします。鉢植えが一般的です。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは普通に
土が乾いたら水をやり、土が濡れている間は水をやらないようにします。受け皿に水がたまっていたら水を捨てるようにしてください。春から秋は生育し、意外と水を欲しがります。過湿にすると腐ってしまうのですが、水が切れるとグッタリします。水切れしないように気をつけてください。

夏以降は気温の低下とともに水やりの頻度を減らします。冬は土が乾いてから数日経って水をヤル程度に控えます。
ところで、夏でも冬でも水をやるときは、鉢底から染み出るくらいにしっかりとやってください。減らすのは頻度です。

年間を通して葉水
冬は土への水やりを控えて、葉っぱに霧吹きを掛けてあげます。冬は暖房で乾燥するからです。葉水と土への水やりの両方でバランスを取ってあげてください。
春以降も葉水をします。春以降は生育しますから、水の吸収も早く、葉水をすることで生育が盛んになります。また乾燥させるとブラッククローバーに発生しやすいハダニを予防できます。夏は特にハダニが発生しやすいので葉水が必要です。
肥料は春から秋に
真夏を除く、春から秋に掛けて液体肥料をやります。マメ科というと空気中の窒素を取り込む性質があって、肥料は控える、もしくは肥料をやると枯れる――と思いがちですが、ブラッククローバーは肥料が必要です。ですが肥料が多いと葉っぱが黄色く変色してきますから、何事もほどほどに。
●窒素分が不足すると模様が無くなり、普通の緑のクローバーになります。液肥をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春か秋に植え替え・植え付けを
用土は市販の培養土か、自作するのであれば赤玉土腐葉土4か、そこにピートモスを1混ぜたものを利用します。無理に作る必要はありません。培養土で十分です。
株分けで増やす
春か秋の植え替え時期に株分けして増やします。気にすることはなく、サックリと分けて植え替えれば株を増やせます。
根詰まり注意!
ブラッククローバーは根詰まりしやすく、根が詰まると枯れてしまいます。二年に一回は、株分けしたり、大きな鉢に植え替えるなどして、根つまりを解消してあげてください。

管理場所・日当たり

日当たりを好む…ですが真夏は注意
真夏の暑さに若干弱く、真夏だけは半日陰に移動させた方が良いです。他の季節は出来るだけ日当たりで管理します。春と秋は戸外でしっかりと日に当ててください。
日光が不足すると徒長します
ブラッククローバーは日光が不足すると、茎がヒョロ長くなってしまいます。これを「徒長する」といいます。日光が不足した状況が長く続くと、いつのまにか消えてしまいます。
寒さには強い
マイナス5度まで耐えますから関東でも戸外で越冬可能です。夏の暑さに弱いと書いてありますが、地域によっては気にする事も無い程度のことで、北関東なら、夏に元気がなくなっても枯れるほどではないです。

その他

病気はハダニとアブラムシです。アブラムシには前もってオルトランを。ハダニは葉水をやってください。

特徴・由来・伝承

クローバーの変種で、葉っぱに黒い(紫?)模様があります。葉っぱは小さめ、クローバーに似た花が咲きます。かわいらしく、人気があります。

クローバーというと、似た葉っぱのものはラッキークローバー(オキザリスの仲間)とか~~クローバーとか、名づけられて流通していますが、必ずしもクローバー(シロツメクサ)の仲間とは限りません。
ですが、このブラッククローバーはシロツメクサの仲間で、性質や育て方も近く、その上、全ての葉っぱが「四葉」です。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用