レウコフィルムの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>レウコフィルム

レウコフィルム

レウコフィルム
科名ゴマノハグサ科
属名レウコフィルム属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

春から秋に掛けて咲く、常緑低木の植物。初心者でもこぼれるように咲かせることが出来ます。耐寒性がありマイナス五度まで耐えます。夏の暑さにも意外と耐性があって、年々大きく育って毎年咲きます。
特筆すべきは葉っぱ!
銀葉で美しい葉っぱはカラーリーフとしても十分鑑賞できます。これに花が咲き、その上育てやすいとあっては――流通しづらいです。毎年簡単に咲く花はホームセンターや花屋さんでは出回りません。ネットショップ買うのが早いです。

水やりと肥料

乾燥地帯の植物で、比較的乾燥に強く、過湿に弱く、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。庭植えの場合は、あまりに乾燥して元気が無いなら水をやりますが、あとは放置です。
鉢植えの場合は、土が乾いて居たら水をやります。受け皿にたまった水は捨ててください。春から秋に掛けてはほぼ毎日水をやることになりますが、冬は生育が止まり、水をジャブジャブとやっているとすぐに腐ってしまいますので、土が乾いてから数日たって水をやるようにします。
肥料は春から秋に
肥料は春と秋に緩効性肥料を根本にやるか、春から秋に掛けて液肥をやります。真夏は肥料を控えます。肥料は花のつき具合・生育に影響します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

庭植えでも、鉢植えでもOK。レウコフィルムはジメジメした環境を嫌いますので、梅雨と秋雨の時期に元気がなくなりますし、夏の暑さにも、冬の寒さにも弱ることがあります。鉢植えにしておいて、その都度動かした方が安全です――まぁ気にしないなら、少々元気が無いだけで枯れるほどではないのですが。
用土は水ハケのよいもので
乾燥地帯の植物で、過湿に弱いです。あまりに水ハケが悪いようならば根腐れを起こしてしまいます。用土は選びません。市販の花と野菜の土で十分です。もしくはこれに川砂を混ぜます。自作なら赤玉6腐葉土3川砂1くらいです。
植え替え
植え替え・植え付け時期は春から秋ならいつでも大丈夫です。開花のことを思うと3月の新芽が出始める頃が理想です。初めて苗を植える場合は、流通数が少ないので、見つけ次第買って、即植えないと次に出会えません。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

非常に日光を好む
日光が不足するとテキメン花が減ります。春から秋は日当たりのよいところで管理して下さい。
真夏は……
耐暑性があるのですが、そうはいっても今の日本の暑さは自生地のメキシコ以上。そこで鉢植えならば真夏は半日陰に移動させて株の衰弱を防いだ方が秋以降の花の勢いが違います。
冬はマイナス五度まで…
マイナス五度まで耐えられるから、関東ならば戸外で十分越冬できますが、土が凍ると根が傷んで枯れてしまいますので、土が凍るほどの地域ならば、室内に入れるか、根本にワラや腐葉土を敷き詰めて凍結を防ぎます。
寒さで葉を落とすこともある
冬に雪に当たると葉を落としてしまいます。ですが枯死するわけではないので、そのまま春を待って復活を待ちましょう。春になっても寒の戻りで葉っぱが落ちることがあります。
スポンサードリンク

その他

剪定は花が終わる11月に行います。冬は地上部の生育が鈍くなりますし、ここでさっぱりと半分ほど切り戻すと、根の負担が減って、春に新芽が出やすくなり、翌年の花の量が増えます。

特徴・由来・伝承


メキシコ原産の常緑低木。シルバーリーフが美しい、人気が出てきているガーデニング材です。耐暑・耐寒にすぐれて、開花も多いです。特に秋以降の開花は、花の少ない――花が入れ替わる時期に――目立って咲くので印象に残ります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用