マンネングサの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>マンネングサ
スポンサードリンク

マンネングサ(セダム)

マンネングサ
科名ベンケイソウ科
属名キリンソウ属
学名Sedum
別名セダム
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


とにかく丈夫
暑さ寒さに強く、匍匐してどんどんと株を大きくし、挿し芽でも簡単に増えます。直射日光にも強いですが、少々の日陰なら問題なく、多肉植物ですが、少しじめじめしていても、育ちます。庭に適当に植えていると、他の植物が育たない場所で繁茂していてイイ感じです。
花も観賞価値が
メキシコマンネングサは、花が立ち上がるので花も楽しめます。

水やりと肥料

庭植えなら水遣りは不要
マンネングサは基本放置で手を掛けないのが良いところ。庭植えしたら、よほど乾燥しなければ水はやらないくていいです。また多肉植物なのに少々の過湿(じめじめ)にも強いので、水遣りの具合の違いで、寄せ植えしてもOK。一方的に枯れることはありません。
鉢植えも便利
鉢植えの場合は、土が乾燥してから水をやるようにします。乾燥気味が適していますので、水をやり過ぎないようにしてください。少々のじめじめに強いといっても、受け皿の水をそのままにしていたり、毎日ジャブジャブと水をやっていると腐ってしまいます。
液肥を
春から秋に掛けて薄い液肥をあげると、よく茂ります。でも肥料がなくっても育ちます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は多肉植物のもので
乾燥に強い性質で、用土は多肉植物の土を利用します。庭植えする場合は、水はけのよいところに植えます。
庭植えする場合、マンネングサは「マンネングサを育てる」ために植えるというよりは、他の植物では育たないから、マンネングサで隠す――くらいの気持ちで植えます。
挿し芽で簡単に増える
匍匐する性質で、マンネングサはどんどん増えて行きます。茎を適当に切って挿しているだけでも、増えます。邪魔に感じるくらいに増えます。ただ、引っこ抜けば簡単に駆除できますから、他の植物を駆逐するほどではないです。
鉢植えの場合は二年に一回くらい植え替え
根がよく張りますから、二年に一回くらいは植え替えをします。そのときに株分けして増やすことも出来ます。株分けはさっくりと分ければ出来ます。少々雑に扱ったくらいでは枯れません。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりでも半日陰でも
多肉植物で日光を好みますが、少々日当たりが悪くても大丈夫です。日陰では徐々に弱って消えていきます。日陰においていても即枯れるわけじゃないです。
冬の寒さにも強い
冬の寒さにも強く、雪に当たってもかれません。ただし土が凍結すると根が傷んで枯れてしまいます。

特徴・由来・伝承


マンネングサ属の学名はSedum(セダム)で、マンネングサはセダムと呼ばれます。ですが、セダムはかなり広い範囲を挿しているのに対して、「マンネングサ」と書くと、コモチマンネングサ、メキシコマンネングサ、マルバマンネングサ、ツルマンネングサあたりをあらわしています。その中でメキシコマンネングサ以外はセダムとして流通されています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

マンネングサの関連記事

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用