フランネルフラワーの育て方

MENU
TOP>セリ科>フランネルフラワー
スポンサードリンク

フランネルフラワー

フランネルフラワー
科名セリ科
属名アクティノツス属
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬は軒下へ。フランネルフラワーは寒さに耐性がありますが、霜にあたると傷みます。枯れなくても相当残念な様子になりますので、冬は軒下へ移動させてください。

夏は風通しのいい場所へ。年中通して日光に当ててやれば花を咲かせる四季咲きなのですが、フランネルフラワーはとにかく湿気に弱いので、日本の夏の蒸れに枯れてしまうパターンになります。風通しのいい場所へ移動させ、水は控えてください。乾燥には強い方なので、乾燥気味に管理しましょう。

●暑さには耐性がありますが、湿気に弱いです。夏には高確率で枯れます。

●四季咲きなので条件さえ揃えば花は咲きます。

水やりと肥料

とにかく乾燥ぎみに管理
普通の植物と同じ間隔で水をやっていたらスグに枯れてしまいます。土が乾いてから水をやりますが、カラカラのカチカチになってから水をやっても十分です。グッタリしていて引っ張ったら根がほとんど付いていなかった……そんな状態になっていたら水のやりすぎです。フランネルフラワーは酸性土壌でなくなると枯れるという特殊事情がありますが、酸性が弱酸性になるには時間が掛かります。
水やりをクリアすれば育てるのは難しくない
土の表面が乾いていたらたっぷりと水をやってください。蒸れに弱いので、水のやり過ぎは厳禁です。水を上からバサーってやると枯れます。水が葉っぱや茎の隙間にたまり、腐ってしまうからです。水やりは土にじょぼじょぼとやってください。

フランネルフラワーは頑健で育てやすいとネットでうたっていますが、土と水の条件が間違っていると、あっという間にサヨナラします。しかしこの問題さえクリアすれば、初心者には無理でもある程度経験を積んでいれば十分育てられます。
水切れしたかどうか分からない……
見た目がこんな感じなので、水切れしたかどうか分かりにくいです。湿気に弱いのですが、水が切れても当然枯れます。元々フニャっとしているので、水が切れたかどうかわかりずらいのも、枯らす原因のひとつです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


酸性土壌でないと枯れますよ!
フランネルフラワーは普通の土ではなくて、強酸性の土ではないと枯れます。普通にホームセンターの土ではダメです。ブルーベリー用土で植えるか、市販されている土に鹿沼土を3割ほど混ぜて酸性にしてから植え付けします。
市販の花と野菜の土はNG!
市販されている花と野菜の土で植え替えるとすぐに枯れます。
酸性は徐々に弱酸性に
どれだけ酸性の土にしていても、降る雨は弱酸性ですし、水道水は中性ですから、そのうちペーハーがあがって弱酸性土壌になります。といっても二年くらいは大丈夫です。鉢植えの場合は出来れば毎年、植え替えをします。もちろん酸性の土で、です。

管理場所・日当たり

日にしっかり当ててください。見た目がフニャっとしているものだから、日陰でもいいような気がしますが、日光に当てていないと、ダメです。気がついたら無くなってたという原因です。

特徴・由来・伝承

オーストラリア原産の植物で、花・葉・茎に細かい毛がついていて「フランネル(軽くて柔らかい毛織物のこと)」のようであることから「フランネルフラワー」と呼ばれます。寒さには抵抗がありますが、ちょっと夏の湿気に弱く、腐って枯れるパターンが多く、初心者には向いていません。

パッと見た感じ、既にドライフラワーなっているような…既にプリザのような…外見です。

スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フランネルフラワーの関連記事

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用