クレオメの育て方

MENU
TOP>フウチョウソウ科>クレオメ
スポンサードリンク

クレオメ(酔蝶花・風蝶草)

クレオメ
科名フウチョウソウ科
学名Cleome hassleriana
別名酔蝶花・風蝶草
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

こぼれダネで毎年咲く
冬には枯れる一年草。春に種を撒いたり、苗を植えて夏に花を楽しみます。1mほどの茎の先に非常に存在感のある花が咲きます。花から飛び出している部分はオシベ。夏の暑さに負けずに咲き、しかもこぼれダネが残ってまた春に芽を出し夏にまた咲きます。
●花は夕方に咲き、翌日の昼過ぎにはしぼむ。鑑賞時間は短い。それでも存在感があって綺麗ですし、よく咲きます。
意外と流通しない
花屋さんをやっていますが、こぼれダネでよく増えるのにほとんど見たことがないです。流通量が少ないのもあって、ちょっと苗が高い。それでもネットショップで寄せたほうが賢明です。

水やりと肥料

春から夏に生育と開花がありますので、水が切れないようにします。鉢植えならば土が乾いてから。庭植えでも、水切れしないように水をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けの肥料+液肥で追肥
水はけがよい物なら土壌を選びません。肥沃な土を好みます。植え付けは市販の培養土で植えます。培養土はには最初から肥料が入っています。ただし、培養土に入っているだけでは、持たないので、春から秋に掛けて液肥を追加してください。
自作する場合は、赤玉土腐葉土堆肥1を混ぜます。
●移植が向かない。苗くらいの大きさのときは多少植え替えても良いですが、ある程度大きくなってから植え替えると根が傷んで枯れてしまう。
庭植え向き
水はけのよい土ならば、庭植えが向いています。
こぼれダネで増える
一旦植えるとこぼれダネで増え、毎年咲く。

管理場所・日当たり

とにかく日当たりを好みます。半日陰でも育ちますが、夏の暑さに強い性質ですから、真夏の暑さで他の植物がへたる様な場所に植えて花を楽しむようにします。

特徴・由来・伝承


南アフリカ原産。クレオメは属名。別名は「風蝶草(フウチョウソウ)」「酔蝶花(スイチョウカ)」。英語ではスパイダーフラワー。どれもその花の形からです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用