セイヨウイワナンテンの育て方

MENU
TOP>ツツジ科>セイヨウイワナンテン
スポンサードリンク

セイヨウイワナンテン(アメリカイワナンテン)

セイヨウイワナンテン
科名ツツジ科
属名イワナンテン属
学名Leucothoe catesbaei
別名アメリカイワナンテン
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


葉っぱも綺麗!
イワナンテンの仲間は常緑と落葉があり、セイヨウイワナンテンは常緑です。矮小種(小さく育つ品種)をグランドカバーに利用することが増えています。
日陰でも育つ
日陰でも育つ・丈が低い・斑入り品種が綺麗、で他の植物が育たない場所でも育てられて、花が咲いて、カラーリーフとしても優秀と、いいこと尽くめ。ホームセンターなどでも扱いが少ないのでネット買ったほうが早いです。

水やりと肥料

セイヨウイワナンテンは暑さを嫌がり、乾燥が苦手です。少しじめじめしているくらいのほうが適しています。春から秋に掛けては、水が切れない程度に、土が乾いて居たら水をやってください。庭植えでも、土が乾燥していたら水をやってください。
冬は水を控える
冬は寒さで生育がほとんど止まってしまい、水を吸い上げる力が弱くなります。冬は乾燥気味に育てます。春から秋の間隔で水をやっていると、根が傷んでしまいます。土が乾いてから数日たって水をやるようにします。
肥料
肥料は新芽が出る前に緩効性肥料をやるか、新芽が出る前から開花中の間に液体肥料をやります。それと秋にもう一回緩効性肥料をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

セイヨウイワナンテンの植え替えは真夏と真冬を除けばいつでもかまいません。用土は市販の培養土でもOK。自作する場合は赤玉土腐葉土鹿沼土2を混ぜたもので植え付けをします。
鉢植えなら二年に一回程度
鉢植えの場合は二年に一回程度の頻度で植え替えをします。セイヨウイワナンテンは植え替え・植え付けのときに根を傷つけると、枯れないまでも回復までに時間が掛かりますので、土は崩さずに、一回り大きな鉢に植え替えをします。

管理場所・日当たり

日当たりよりは半日陰
セイヨウイワナンテンは日当たりを好むのですが、真夏の暑さと乾燥に若干弱く(枯れるほどではないけど痛む)、また少々の日陰ならば生育しますので、半日陰が一番適しています。明るい日陰くらいなら生育します。玄関先といった日当たりが悪いところでも育ちます。非常に便利です。
九州から東北まで
寒さに強く、東北でも防寒なしに育てられます。
スポンサードリンク

その他


品種:レインボウ(葉っぱにピンク・白・黄色と模様が入る)・アキシラシス(赤い葉)・ナナ(矮小種)

特徴・由来・伝承

セイヨウイワナンテン(アメリカイワナンテン)は北アメリカに自生する常緑低木でグランドカバーにも利用されます。品種によっては樹高1.5mまで成長するので、グランドカバーにするにはナナという品種が適しています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ツツジ科の仲間


ツツジ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用