ウエストリンギアの育て方

MENU
TOP>シソ科>ウエストリンギア
スポンサードリンク

ウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)

ウエストリンギア
科名シソ科
属名ウエストリンギア属
学名Westringia fruticosa
別名オーストラリアンローズマリー
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

常緑でほどよい低木(1.5m)。開花時期が長く、霜の降りない暖地であれば、戸外で越冬します。斑入り品種のバリエガタが人気です。
●夏は半日陰で涼しいところで
●水の遣りすぎ注意。多湿を嫌います。梅雨・秋雨の時期は戸外なら雨の当たらない軒下で管理します。
●冬は室内が基本。

水やりと肥料

年間を通して乾燥気味に
ウエストリンギアは乾燥に強く、過湿に弱いです。水をやりすぎると根腐れを起こして枯れてしまいます。水やりの基本は土が乾いてから、やるときはタップリと鉢底から水が染み出す位に。
極端な乾燥も苦手
といっても、極端な乾燥も苦手。これはウエストリンギアを育てるのがムツカシイと言うよりも、店に出回るときに小さな鉢に植わっているのが原因じゃないかと思います。意外と水遣りがむつかしく、枯らしてしまいがちなので、日々観察をして、葉っぱの様子を見ておきましょう。
冬は水やりに注意
冬は生育が鈍くなり、水を吸い上げる力が弱くなる上に、蒸発量も減ります。水はもっと控えます。土が乾いてから数日経ってから水をやる程度にします。鉢を持ち上げてみて、重さを覚えておくと失敗が減ります。
肥料
肥料が多いと枯れる原因になります。なので春と秋に緩効性肥料を少量やる程度にします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

二年に一回は植え替えをします。鉢底から根が出ているようなら植え替えをします。植え替え時期は五月。
用土ハーブ用の土か、自作するなら赤玉土5腐葉土3パーライト2を混ぜて作ります。水ハケの良いものでないといけません。
挿し木で増やす
枝を切ってさしているとドンドンと増えます。適期は四月五月と十月ごろです。寒冷地で夏は涼しいなら、春に庭に挿し木して、秋まで楽しんだら、冬には枯れる一年草として楽しむのもいいかも。

管理場所・日当たり

日当たりを好みますが、夏の暑さと過湿と冬の寒さに弱いので、季節ごとに置き場所を替えるのが現実的。暖地ならば、年中戸外で管理して、越冬も可能でしょうが、それでも庭植えは一般的ではないです。

最低気温が8度以上になり、霜が降りなくなったら戸外の日当たりで管理します。もしくは室内の日当たりで管理します。
梅雨
少々雨に当たるくらいなら問題ないのですが、日本の長い梅雨に当たると根腐れを起こして枯れてしまいます。戸外で管理している場合は軒下など雨の当たらない場所に移動させます。出来れば日当たりがいいですが、雨が当たらない方が優先です。

ウエストリンギアは、日本のジメジメしていて暑い夏が苦手。夏は半日陰の風通しのよいところで管理します。

秋の管理は春と同じ。出来るだけ日当たり、長雨になるようなら軒下で管理します。気温が5度以下になる前に室内に取り入れます。霜に当たると枯れます。

暖地で霜が降りないのならば戸外。霜が降りる地域でも、戸外の軒下なら越冬できる場合もありますが、室内が無難です。

特徴・由来・伝承


オーストラリア原産のシソ科植物。別名はオーストラリアン・ローズマリー。ローズマリーのようなルックスですが、ローズマリーの香りはありません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用