ヤマモミジの育て方

MENU
TOP>カエデ科>ヤマモミジ

ヤマモミジ

ヤマモミジ
科名カエデ科
属名カエデ属
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方はイロハモミジを参考にしてください。
ヤマモミジイロハモミジの変種とされたり、オオモミジの変種とされたり、ヤマモミジ自体にも個体差が大きいときて、三者は違うものではありますが、興味の無い人にとっては、見分けがつかないものです。
また、どうやら地域によって、どれをヤマモミジと呼ぶか違う場合があることも。

また園芸店で出回っている「ヤマモミジ」はイロハモミジであることが多いです。
イロハモミジよりやさしい印象
ヤマモミジの葉っぱは切れ込みが浅いこともあって、全体の印象がやわらかく、人気があります。

水やりと肥料

土が乾いてから水をやりますが、水が切れないようにします。鉢植えだと水切れしやすいので、注意してください。
冬の水遣りに注意
土が乾いてから水をやります。午後に水をやると地域にも寄りますが、水が夜のうちに凍って霜柱になって、根をいためることがありますので、水は朝か昼のうちにやってください。
二月に肥料
2月に緩効性肥料もしくは油粕をやります。肥料が実際に効くのは3月以降。新芽のための栄養です。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは2月までが適期。用土赤玉土だけでも、赤玉土に砂を2割ほど混ぜたものでも、赤玉土7腐葉土3を混ぜたものでも。

苗から育てるのが普通ですが、種子を発芽させることも出来ます。秋に発芽させると、冬を越せずに枯れてしまうので、春に撒く方が確率があがります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日陰のシンボルツリーとしても
ヤマモミジは強い直射日光が苦手で、あまり日当たりがいいと乾燥で葉っぱがちりちりになってしまいます。日当たりがいい場合は、葉っぱに直接水をかけてやって、乾燥を予防するとよいです。

その他

剪定
ヤマモミジの自然とほどほどの樹形になりますから、剪定は邪魔な枝が伸びない限りはしないでいいです。ただ、高さを押さえるためには、剪定はしないといけません。ただモミジの剪定は微妙なので、剪定しないでいいような広さの庭に植えるほうが現実的。
イロハモミジとヤマモミジの違い
モミジの見分け方
http://www.eco-plants.net/momijinomiwake.html
イロハモミジの仲間
http://mohsho.image.coocan.jp/Membpalm.html
イロハモミジとヤマモミジの見分け方
http://log.engeisoudan.com/lng/200711/07110141.html
イロハモミジとヤマモミジhttp://mood.cc/hanamiya_contents/shop_irohamomiji_siryou_ha.html
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

ヤマモミジは個体差が大きいので、パっと見はイロハモミジ他と区別がつきづらいです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

カエデ科の仲間


カエデ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用