アワノメイガ

MENU
TOP>病害虫>アワノメイガ
スポンサードリンク

アワノメイガについて

ツトガ科ノメイガ亜科の蛾で、イネ科の植物を食い荒らす害虫。トウモロコシ・キビ・アワを狙います。特にトウモロコシ栽培者から目の敵にされる。ネットでは、憎悪とある種の親しみ(よく見かけるという意味)を込めて「阿波野さん」と呼ばれますが、「アワノメイガ」は「アワ」「の」「メイガ」ではなく、「アワ」「ノメイガ」なので、間違いっちゃ間違いです。
アワノメイガ
http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Ostrinia_furnacalis.html
スポンサードリンク

性質

冬を幼虫の状態でイネ科植物の茎の中で過ごし、春になると、這い出して成虫(蛾)となります。この蛾が春から初夏に掛けて「卵」をトウモロコシの葉っぱの裏に産みつけ、この卵が返って、茎に穴を空けて侵入し、この被害がピークに達するのが8月。
農薬は穂が出るまでには
アワノメイガの卵が返って、幼虫がトウモロコシ内部に入り込んでしまうと、農薬は効かなくなります。トウモロコシを育てる本を読むと、「穂が出てから農薬を撒く」と書いてあるのですが、これは「普通に育てていると、穂が出る頃に農薬を撒くとよい」という程度の話で、内部に入る前にシャットアウトするためには、トウモロコシの穂がどうこうではなく、アワノメイガの状態如何ということです。日々葉っぱをチェックして、農薬のタイミングを探るのが賢明、かつ、早めの散布が吉です。
入る場所
茎に穴を空けて入り、しばらく食べると、また出て行くというのを繰り返します。なので徐々に穴が大きくなり、一目で「あぁ、やられてるな」と分かります。また、とうもろこしの実のヒゲが出ている穴から入るのでヒゲにも農薬をやります。この穴から入ると「実を食べられる」のは確定です。

抑制栽培について

トウモロコシでは、抑制栽培がされます。一般的なトウモロコシでは春に植え付け、夏に収穫ですが、夏に植え付けて、秋に収穫するという方法です。

夏の植え付けといってもお盆過ぎてからの植え付けで、アワノメイガの被害を避けられます。ただし、収穫する実は小さくなります。

春から夏に掛けてはジャガイモトマトを育てて、トウモロコシは抑制栽培で夏に植えて秋に収穫というのが畑の都合からいうと理にかなっているのかも。抑制栽培に適した品種も出ていますので、トウモロコシのアワノメイガ対策として、抑制栽培を一考してみてください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

病害虫の仲間


病害虫の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用