ユーフォルビアの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ユーフォルビア
スポンサードリンク

ユーフォルビア(ユーホルビア)

ユーフォルビア
科名トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
別名ユーホルビア
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


寒さに抵抗がありますが、生育温度が5度以上なので、霜に当たると枯れてしまいます。寒い季節が来る前に、室内に取り込んだ方が確実です。春~秋まで長く咲いてくれます。また温度さえあれば、冬でも温度さえあれば、咲いてくれます。

加湿に弱いので、風通しをよくしてやらないといけません。特に梅雨~夏には直射日光と梅雨の雨を避けるために半日陰の軒下に移動させます。

ユーフォルビアは多種ありますので「ユーフォルビア」という名前だけで、上記管理するとマズイことも…多肉植物のユーフォルビアもあります。

水やりと肥料

蒸れに弱いです
水は土が乾いたらタップリと与えてください。

湿度が高いのがダメなんですが、真夏は水の蒸発が早いために、水切れを起こしやすくなります。真夏は毎日水をやってください(ただし土の状態をよくみて濡れているようでしたら水はあげない)。蒸れてしまうようでしたら、茎を間引いて風通しをよくするか、風通しのいい半日陰に移動させてください。

春~秋にかけて生育期は液体肥料を1週間に1回与えてください。肥料が切れると葉っぱが黄色く変色します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

花鉢が出回りますが苗は少ない
これを庭植えすることもできます。庭植えする場合は、霜の降りる地域では基本的には枯死すると考えて下さい。品種によっては氷点下にも耐えますし、霜に当たらなければ越冬するものもあります。花鉢についていたラベルは絶対に捨てずに残しておきましょう。耐寒性などについて書いてあります。

植え替えは失敗しやすい
基本的に根が弱いので、植え替えはあまり行いたくないのですが、鉢底から根が出ているならば、植え替えをしなくてはいけません。

植え替えをする前、二週間ほど水を控えて、乾燥気味に関しておくと植え替えがしやすい。鉢から取り出し、古い土を落とし、腐った根を落とす。元気な根を絶対に切らないようにする。根を傷つけると生育不良を起こして、復帰まで時間が掛かる。最悪枯れることも。

一回り大きな鉢に植え替えて完了。

用土は多肉植物の土がいいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好み、乾燥に強い
日当たりのよい場所で管理します。夏の高温多湿が苦手で、品種によっては葉っぱや花が葉焼けすることがありますし、蒸れますので、夏は半日陰で管理します。
春と秋は戸外の日当たりか、半日陰で管理します。

冬は比較的強い方ですが霜には枯れます
冬は比較的寒さには強いですが、そうはいっても霜に当たれば枯れてしまいます(耐寒温度は5度)。冬は室内に取り込んでください。
ただしユーフォルビアの品種の中でも「ガーデンユーフォルビア」の仲間は北海道でも越冬可能という種類もあります。

その他

種類にもよりますが、こぼれダネで翌年新芽が生えることがあります。

特徴・由来・伝承

ユーフォルビアというのは本来はトウダイグサ科の属名で、この属の花の総称としてユーフォルビアと呼ぶことが多いです。トウダイグサ属の植物は、折れるとそこから白い樹液を分泌します。この分泌液に触れるとカブれる人がいるので注意が必要です。

花の形が特殊…というよりは奇妙です。花びらが退化し、苞も小さくなり、雄しべと雌しべがそれぞれで小さな花(と言っても花と呼べるかどうか…)を形成しています。ポインセチアもユーフォルビア属の花です。ポインセチアの赤い部分はガクで、中心部分のポッチが一般的に言う「花」となります。

また乾燥地帯に適応したユーフォルビア属にはほとんどサボテンにしか見えないものもあります。

ユーフォルビアを手入れする場合は手袋を必要とするかもしれません。わたしは全くかぶれません。全員がかぶれるわけではありません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユーフォルビアの関連記事

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用