ビスカリアの育て方

MENU
TOP>ナデシコ科>ビスカリア
スポンサードリンク

ビスカリア(コムギセンノウ(小麦仙翁)・ウメナデシコ(梅撫子))

nophoto
科名ナデシコ科
属名シレネ属
学名Silene coeil-rosa
別名コムギセンノウ(小麦仙翁)・ウメナデシコ(梅撫子)
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

細い茎に薄い花びらの花を咲かせる一年草。花が終わると種子を作って枯れてしまいます。
●育てるのは簡単ですが、種から育てるもので、その種が意外と流通していない
●一年草で夏までには枯れる
●過湿に弱い
●密に植えると、蒸れて腐る。株同士は15cmか20cm空ける

水やりと肥料

水やりは一般的な頻度、乾燥気味に
ビスカリヤはどちらかというと過湿に弱く、蒸れると腐ってきます。といっても、真夏までには開花、枯れるという性質ですから、真夏の蒸れについては考えなくても構いません。春から初夏、もしくは秋から初夏に掛けての、一般的な「土が乾いて居たら水をやる」という頻度で十分です。
冬は更に乾燥気味に
冬は土が乾いて、白く変色してから水をやる程度にします。
肥料について
肥料はさほど必要ありません。肥料が多いと、弱ったり枯れることもあります。植え付けをするときに元肥として緩効性肥料を少々、土に混ぜるくらいにしておきます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

種まきで
寒冷地では3月、寒冷地以外(関東はこちら)では9月、10月に撒いて春から初夏に掛けて開花を楽しみます。種子は光に反応して発芽するので、土をかぶせず、撒きっぱなしでOK。発芽までは乾燥しないようにマメに水をやってください。発芽までは1、2週間です。
発芽用のシートに載せて、発芽させてから植え替えることもできますが、そこまでするほど弱いものではないです。
直播して、発芽したら、間引きをして、株同士を15cmから20cm空けるようにします。密にすると蒸れやすいです。
弱アルカリの土を好む
酸性の土を嫌い、弱アルカリ性の土を好みます。無理にアルカリにしなくても、中性ならば大丈夫です。市販の培養土はすでに中和してありますから、問題ありませんが、庭で育てる場合は、石灰で中和させておきましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりを好みます
日当たりがよく風通しのよいところを好みます。あまりに強い日差しには痛んだり、西日が強いと乾燥で痛んでしまいますが、一年草で夏には枯れるものですから、あまり必死に神経を使わないでいいでしょう。
冬は霜よけが必要
関東でも開きに撒いて冬を越して春に咲かせる――というサイクルになるのですが、霜にあたると一発で枯れないまでも、結局枯れます。そこで、霜が降りる地域で、冬を越させる場合は霜よけをします。

その他

アブラムシが発生します。
アブラムシは植物の汁を吸うだけでなく、その刺激によって、ビスカリアのツボミや葉っぱに奇形を起こさせることがあります。発見しだい、捕殺。増えてきたら薬殺を徹底しましょう。被害が他の植物に広がらないようにしましょう。
注意! 倒れる!
そのままにしていると、ひょろひょろと生育して、背が高くなり(1mくらい)、風に吹かれてポキリと折れます。なので苗の段階で葉っぱが8枚あたりになったら、摘心して脇芽を出させて、全体的に「コンモリ」とさせ、草丈を低くまとめるようにします。
意に反して背が高くなってしまったら支柱をしてあげましょう。
スポンサードリンク

特徴・由来・伝承

アグロステンマとは同科ですが、別属で別種の植物です。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ナデシコ科の仲間


ナデシコ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用