セロリの育て方

MENU
使い方
TOP>セリ科>セロリ
スポンサードリンク

セロリ(オランダミツバ・清正ニンジン・セルリー)

セロリ
サイト運営の協力のお願い(植物の画像の投稿)
科名セリ科
属名オランダミツバ属
学名Apium graveolens var. dulce
別名オランダミツバ・清正ニンジン・セルリー
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

栽培の特徴
この項目の修正・提案をする
栽培サイクル
春から初夏にかけて種子撒き、苗の植え付けを行って、秋に収穫します。というのもセロリは気温が10度以下(13度以下とも)になるとトウが立って花が咲きます。花が咲くと葉っぱが硬くなって食べられません。つまり10度以下になる前に収穫します。
●苗から育てるなら簡単。苗が一般的。

「す」が出るまえに収穫
収穫は茎の部分が20センチ以上になってからとされます。長い間栽培していると茎のスポンジ状のところに「す」が入って筋ばってきます。この「す」は畑の肥料が不足したり、寒さにあたると出るものです。これが出る前に収穫します。
●「す」は食べられる。むしろ香りは強い。が筋張って美味しくない。

軟白処理について
よくスーパーで見かけるセロリは軟白処理がしてあります。軟白というのは、ウドやモヤシ栽培のように日を遮断して、白くすることです。これで身がやわらかくなり、キツイ香りがマイルドになります。ただし軟化すると栄養素が少なくなるので、最近はしないケースが多いです。
一般家庭で軟化する場合は、食べる3週間前に、「茎」部分に新聞紙を撒いて遮光します。
収穫方法
一株まるごと収穫するよりも、外側から一枚づつ剥がして行くほうが最初は「す」が入るタイミングがわからないので便利。
まとめ
●苗から植えるのが普通。
●水を欲しがる野菜(他の野菜と比べて)。
●収穫は草丈が30cmから40cmくらい。
●低温(10度とか13度とか)にあたるとトウが立ち、葉っぱが固くなって食べられなくなる。
●株元の脇芽は取り除く。
肥料は必ず追加する。
●日当たりで育てるが、夏の日光に当たると葉っぱが固くなるので、日よけをするといい。

水やりと肥料

水やりと肥料
この項目の修正・提案をする
水切れ注意
セロリは水を好み、土が湿潤なほうがよく生育します。乾燥すると枯れてしまいます。春から秋にかけて、土が乾ききる前に水をやるようにします。他の野菜よりかなり水を欲します。
肥料を
セロリは肥料があるとよく生育します。緩効性固形肥料を一ヶ月に一回か、液体肥料を一週間に二回くらいの割合で、やってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け・植えかえ・種蒔き
植え付け・植えかえ・種蒔き
この項目の修正・提案をする
用土
酸性土壌を非常に嫌い、有機質に富んだ土を好みます。市販の培養度を利用します。自作する場合は赤玉土7腐葉土2バーミキュライト1に化成肥料を入れて混ぜたものを使う。連作障害があるので、昨年植えたところには植えない。去年の土を使いまわさないでください。
種まき
暖地なら6月、寒冷地なら4月~5月に撒きます。中間の地域は大体5月ごろになります。セロリの種子は光に反応して発芽する好光性種子ですので、土は薄くかけてください。厚く掛けると発芽しません。
●しっかりと塗らした土か、育苗マットに撒いて発芽させます。
●発芽まで10日から二週間かかります。
●水が切れないようにします
●本葉が3枚になったら、ポットにひとつづつ植え替えをします
●本葉が7枚以上になったら、畑やプランターに植えます
●生育温度は15度~20度。
●15度以下だと発芽まで時間がかかる。25度以上になると発芽する率が下がり30度以上になると発芽しない。
●種まきは時期が大事。遅くなると発芽しない。
●本葉3枚の苗でも13度以下の低音にあたるとトウ立ちするので注意。

苗の植え付け
暖地で6月下旬。中間地・寒冷地は7月以降に植え付けをします。
種子は大量にできるのでうれしいですが、そんなにセロリを食べることはまずありませんし、種まきは大変です。苗を鉢やプランターで育てるのが賢明。13度以下の気温に当たるとトウが立つので、気温が上がりきるまで植えないようにします。植え付けしたら日光に当ててください。

庭植えする場合は植え付けの2週間前に苦土石灰を撒いて中和させておきます。その上で植え付け前に掘り返した土に腐葉土や完熟堆肥を3割ほど混ぜて、土を作り、幅80~100㎝、高さ10㎝の畝を作って、苗を植えていきます。株同士は20cmから30cm間隔で植えます。
●直根性で根を傷つけられると生育不良を起こす。植えるときはポット苗の土を落とさず、根をほぐさないで植えること。
●プランターなら二株か三株植える。
●鉢は大株なら10号鉢、子株なら8号鉢くらい。
●苗は深植えしない。浅く植える。株元が少し土から出るくらいに植える。深く植えると根本が腐りやすい。

管理場所・日当たり

管理場所・日当たり
この項目の修正・提案をする
高温・乾燥に注意
日光を好みます。日が当たれば生育は早いですが、25度以上になると生育が鈍くなり、枯れやすくなります。夏に半日陰になる風通しの良いところが適していて、風通しがいいなら、マンションのベランダでも十分生育します。

夏の直射日光に当たると葉っぱが固くなって美味しくなくなるのもありまして、夏に日当たりが良すぎるときは、遮光します。
軟白処理
スーパーで売ってるセロリは軟白処理をしています。食べる三週間前にダンボールなどで遮光して、徒長させると柔らかく美味しいセロリになります。

その他

その他
この項目の修正・提案をする
アブラムシが発生します。食べるものなので、農薬ではなく天然成分の殺虫剤を利用するか、手で取ります。一家族分のセロリならば、大量ではないので、手で取るほうが現実的です。
斑点病・葉枯病、マメハモグリバエも発生します。
品種
コーネル619(香りが少なく日本人向きの大株)、トールユタ、トップセラー、ミニセロリミニホワイト(75日で収穫できる・ミツバに近い)
芽かき
一ヶ月ほど育てると、株元から脇芽が出てきます。株元が密生していると蒸れて腐りやすいので、脇芽は取り除き、また株元に近い葉っぱも取り除きます。

特徴・由来・伝承

この項目の修正・提案をする
日本には1800年ごろにオランダによって渡来したものの、あの独特の匂いのせいで、好まれず栽培はほとんどされなかった。1800年以前、加藤清正が文禄・慶長の役の際に朝鮮半島から持ち帰ったという説もある(眉唾)。どちらにしても、日本でセロリが栽培されるようになったのは明治以降。日本の食の西洋化のため。
ミツバやニンジン、パセリの仲間。
いろいろあるセロリ
セロリは
①黄色種(軟白栽培に向いている)
②緑色種
③黄色と緑色の雑種
④東洋在来種(芹菜キンサイ=スープセロリ)
に分けられます。

スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合はお知らせください(「てにをは」のミスでも)。また、追加したほうがいいと思う情報、調べて欲しいこと、あなたが知っているけど書いていない情報など、感想、要望など下のフォームから投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

「セロリ」に関する疑問・質問・日記

SNS Button…友達にお知らせしてください

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ブログや掲示板に紹介してください

セリ科の仲間


セリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用