火祭りの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>火祭り
スポンサードリンク

火祭り(ヒマツリ)

火祭り
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
学名Crassula capitella ssp. thyrsifolia  Flame
別名ヒマツリ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

肉厚な葉っぱを持つ多肉植物で、もともと赤みを帯びていますが、寒さにあたると更に真っ赤に紅葉します。育てやすく、花も咲きやすいので、初心者向けです。
多肉植物としてはかなり生育が早いです。

水やりと肥料

春から秋
春から秋にかけては土が乾いてから、鉢の底から水が出るくらいにしっかりとやります。多肉植物は葉っぱに水を溜め込む性質があって、乾燥に強いです。火祭りも少々の乾燥ならば、葉っぱにシワがよる程度で枯れることはありません。シワがよってから水をやっても元通りになります。
反面、あまり水をやりすぎると根腐れを起こします。なので土が乾くまでは水をやらないようにしてください。また受け皿に水が溜まっている場合は、水を捨ててください。
冬に向けて
冬になると生育が止まり、気温の低下とともに蒸発量も減っていきますので、春から夏の感覚で水をやっていると根腐れを起こします。そこで秋以降、気温が20度を切ったあたりから、徐々に水遣りを減らし、冬には大体、一ヶ月に一回の水遣りにしていきます。冬を越えたら、また徐々に水遣りの頻度を増やしていきます。

水やりの頻度について
どの植物でもそうですが、水やりの頻度は日当たり・風通し・土の配合などで、まったく違います。○日に一回と言っても、あくまで目安で、実際には多すぎるかもしれませんし、少なすぎることもあります。水やりは「土に水分が無くなってから」が基本です。これは火祭りも同じです。鉢を持ち上げて、軽いか重いか判別できるようになっていると、水遣りのタイミングが分かります。

肥料
火祭りは肥料が多いと、赤くならなかったり、生育が逆に鈍くなります。それに生育旺盛ですから、肥料は植え付けのときに配合されている肥料で十分です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土サボテン用の土が適しています。自作する場合は赤玉土3軽石2に腐葉土を少し混ぜたり、一般的な花と野菜の土2に対して川砂1を混ぜたものでもOK。
毎年か二年に一回か
ヒマツリは生育旺盛で、よく増えるので、鉢がいっぱいになります。
挿し木・葉挿し・株分けなどなど
株を増やす方法はいくらでもあります。邪魔な枝を切ったら、それを日陰で数日かけて切り口を乾燥させてから、サボテン用の土に挿すと、発根し株が増えますし、植え替えの際に千切って株分けすることもできます。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。35度以上の環境でも問題なりません。耐寒性もあります。明け方など少々の時間、マイナス5度でも枯れませんが、それ以下になったり、マイナス五度の環境が長く続くと枯れるので、寒冷地では室内で管理します。
強光にも強い
真夏の直射日光に強いので、しっかりと日に当てると株が大きく育ちます。寒冷地でなければ冬も戸外でOK。問題は梅雨と秋の長雨による根腐れですが、これもサボテン用の培養土など、水はけが良ければよほどのことが無ければ根腐れは起こしません。よって年がら年中戸外でもOK。
スポンサードリンク

その他

▼参考リンク
http://lovecomet.web.fc2.com/succulent/himaturi/
非常に細かく、丁寧、かつ執筆者の愛情が感じられる文章です。

特徴・由来・伝承


ベンケイソウ科クラッスラ属の多肉植物。常緑です。真っ赤な葉っぱが特徴で、ヒマツリという名前もそこから来ています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用