マーヤの育て方

MENU
TOP>アカバナ科>マーヤ
スポンサードリンク

マーヤ(ハクチョウゲ・ガウラ・ヤマモモソウ)

マーヤ
科名アカバナ科
学名Gaura lindheimeri
別名ハクチョウゲ・ガウラ・ヤマモモソウ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ガウラ園芸品種宿根草で毎年花を咲かせます。非常に育てやすく、極端な乾燥にならなければ、手間いらずです。

水やりと肥料

土が乾いてから水をやります。春と秋は土が乾いてから水をやります。夏は蒸発が激しいので、朝と夕方の二回、しっかりと水をやってください。水をやるときは、鉢底からしっかりと水が出てくるまでやってください。受け皿に水が溜まっているなら水を捨ててください。

冬は地上部がなくなりますが、根は生きています。水遣りをやめると、冬の間に枯れてしまうので、一ヶ月に一回程度でいいので、完全にカラカラにならないように水をやってください。
肥料は控えめに
ガウラ・マーヤは肥料が多いと花が咲かなくなります。春から初夏まで薄い液肥をやりますが、無くても大丈夫です。状況を見て肥料は止めてください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

春、遅くても初夏までに植え付けをします。霜にあたると枯れるので霜が降りなくなってから植えます。
用土は一般的な培養土で大丈夫。出来れば水はけが良いほうがいいので、花と土の培養度に川砂などを1割ほど混ぜてもOK。
鉢植えは二年に一回植え替え
ガウラは簡単に株が大きくなります。すぐに根が詰まってしまいます。根詰まりを起こすと、最低でも二年に一回は植え替えをします。そのときに株分けでもなんでもしてOK。
増やし方
株分け・挿し木・種まきで増えます。極端な乾燥に会わない限りは枯れないので、無理に増やすことはないです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりが適地。少々の日陰でも育ちますが、ガウラ・マーヤのメリットは暑さに強いこと、ですから、夏に日当たりが良すぎて他の植物が育たないような場所に植えると良いです。

東北でも越冬するので、かなりの耐寒性があるはず。

特徴・由来・伝承

枝が伸びて、先に小さな蝶々のような花が咲きます。この枝というか茎が長く草丈は40センチくらいになります。その先に花が咲き、風にユラユラと揺れる様子は蝶々が飛んでいるみたいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アカバナ科の仲間


アカバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用