銘月の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>銘月

銘月(メイゲツ・名月・セダムアドルフィー)

銘月
科名ベンケイソウ科
属名セダム属
学名Sedum adolphii
別名メイゲツ・名月・セダムアドルフィー
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

秋に寒さにあたると紅葉します。銘月は葉っぱがぎゅうぎゅうにならず、そこが不満という人もいます。育てるのは難しくないですが、夏に過湿で溶けることがあるので水やりと風通しに注意します。それでも多肉としては育てやすいです。

水やりと肥料

春と秋は普通に
春と秋は多肉植物の普通の水やりをします。土が乾いてカラカラになってから水をやるようにします。葉っぱにシワがよってから水をやっても十分間に合います。水は鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやり、受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。
夏は少し控える
夏は生育期なのですが、高温多湿に弱く、雨に当たったり、水やりの頻度が多いと腐って溶けてしまいます。状況を考慮して水を控えるか、風通しの良い場所に移動させるなどして多湿を避けてください。
冬は休眠します
冬は休眠しますので、水を控えます。

肥料は不要
肥料培養土にふくまれているものだけで十分です。追肥する必要はありません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土サボテン用培養土を利用します。鉢やポットから抜いて古い根を整理してから新しい土で植えます。難しくないです。
葉挿し・挿し木で増える
葉っぱを挿していても増えるし、徒長した茎を切って挿していると発根します。もしも寝腐れした場合は新しい土に挿しておくことで、生きながらえさせることが出来ます。挿し木の適期は春です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好む
銘月は日光を好みます。春から秋は戸外の日当たりか半日陰で管理します。真夏は暑さで葉やけすることはあっても枯れることはありませんが、過湿で枯れることがあります。場合によっては半日陰に移動させます。
雨に当てない
雨に当たらないように年間を通して軒下におきます。多湿に弱く、夏の蒸れやすい時期と梅雨と秋の長雨は注意します。株に雨があたらないようにし、夏は風通しが良い場所を選びます。
冬は室内へ
軽い霜に当たっても枯れず、紅葉する(赤くなるのではなく黄色というべき)だけですが、強い霜にあたると枯れます。様子がおかしいようなら室内に取り込みましょう。

特徴・由来・伝承

メキシコ原産のベンケイソウ科の多肉植物。モコモコでかわいい。黄麗よりも葉が細くて、ツルツルしています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用