寝かせ植え(トマト)

MENU
TOP>雑学>トマトの寝かせ植え
スポンサードリンク

トマトの苗は徒長しているもの

トマトの栽培はいろいろと工夫があってややこしいな。困りものです。それはおいておいて、トマトの苗は3月ごろから出回ります。種子から育てる人は二月までには種まきをしています。しかし、トマトは霜にあたれば枯れるもの。そんなに早く育ててナニがいいのか?というと、徒長させた苗を寝かせ植えして、なるたけ早く生育させ、収穫期間を延ばそうということです。スタートダッシュです。
普通に植えちゃ駄目なのか?
駄目じゃないのです。よくホームセンターで売っている苗を普通に、寝かせずに植えたからといって、収穫できないわけじゃありません。寝かせ植えはトマトの力を最大限に引き出すテクニックの一つ、と考えてください。

寝かせ植えの方法


①徒長した苗を買ってきて――もしくは育てて――これを引っこ抜いて、上部の葉っぱを残して、ハサミで切ってしまいます。

②これを穴を掘って植えます。こういうことが出来るのは、畑じゃないと無理です。寝かせ植え」ですが、真横から見ると、斜め植えです。

③土に植えた部分から根が出ます。これでトマトの生育スタートダッシュを図れます。
●根が多いほど給水・肥料の吸い上げが強く、生育します。
●十日ほどで根が出て活着します。
●上部の葉っぱを残してあとは切る……としましたが、切らずに土もかぶせないで、茎を土に触れさせることで、発根させる方法をとる人もいます。この場合は、切らなかった葉っぱが生育します。
スポンサードリンク

注意事項

●徒長している苗を使いますが、ホームセンターで売っている苗は「栽培で徒長したのか?」「ホームセンターで売れ残っているうちに徒長したのか?」ハッキリしません。後者の場合は、単なる老化です。老化苗は生育不良を起こします。
●ホームセンターやお店で買う場合は、入荷してすぐ買うようにします。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。
▼内容

トマトの寝かせ植えの日記

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用