シルバーダストの育て方

MENU
TOP>キク科>シルバーダスト
スポンサードリンク

シルバーダスト(白妙菊・ダスティミラー)

シルバーダスト
科名キク科
学名Senecio cineraria
別名白妙菊・ダスティミラー
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


シルバーダストはシロタエギク(ダスティーミラー)の園芸品種の一つ。育て方はシロタエギクと同じです。

寒さに強く、暑さにも負けません。冬も霜が当たっても枯れません。夏は間延びしてキレイではありませんが、枯れることはありません。
花が咲くのですが早めに切ってしまいましょう
花が断続的に咲きますが、花が咲くと栄養が取られてしまい、夏を越しにくくなります。また、花に観賞価値は(人によって違いますが)薄く、銀色の葉を楽しむカラーリーフとして扱われる為に、花はハサミで切ってしまいましょう。

花を摘んでやり夏越しが出来ると年々、株が大きくなります。

水やりと肥料

水やりは控えめに。多湿に弱いです
水やりは年間を通して、乾燥気味にします。シルバーダストは蒸れに弱く、水をやりすぎると傷んでしまいます。
鉢植えでも、庭植えでも水やりは土が乾いていたら、という程度にして乾燥気味に管理します。

植え付け・植えかえ・種蒔き

一般的には苗を植えます
種蒔きは9月か10月。種が細かいので管理が大変です。撒くよりは苗を購入する方が楽です。
用土はこれといって選びません。市販されている花と野菜の土で植え付けします。
寄せ植えのアクセントに
白い銀の葉っぱは寄せ植えにすると、淡い色合いの植物と合います。

管理場所・日当たり

日光の当たる場所で管理します。霜が当たっても構いません。日当たりのいい場所であれば好きな場所に植えることが出来ます。夏は高温多湿で蒸れて枯れることが多いですが風通しが良い場所に移動したり、最初から風通しのよい場所であれば蒸れは防げます。花が咲いて種子を付けると株が弱り夏越しが非常に難しくなるので、花はマメに切り取ってください。
スポンサードリンク

その他

花もキレイ、かもしれませんが花を咲かせると株が弱り、徐々に小さくなり夏までには消えてなくなります。そこで花芽は早めに摘んでしまうことが長く楽しむコツでもあります。

またシルバーダストの葉っぱは新芽ほど鮮やかでキレイなので、定期的に切り戻しをして脇芽を出させ、新芽を更新するのがコツです。

特徴・由来・伝承

よく花壇に植えてありますし、最近では切花としてアレンジメントのグリーンに使われます。白い毛に覆われた葉が銀色に見えます。

寄せ植えなどにも向いていますし、花壇のアクセントになります。花のそばに添えることで花が引き立ち、シルバーダスト自身も綺麗に見えます。
シロタエギクという名前は流通名であることが多い
全て同じキク科ですがセネキオ属のものケンタウレア属のものタナケツム属のもので「シロタエギク」という名前で流通しています。育て方は同じでいいです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用