ハゲイトウの育て方

MENU
TOP>ヒユ科>ハゲイトウ
スポンサードリンク

ハゲイトウ(カマツカ・ガンライコウ・雁来紅)

ハゲイトウ
科名ヒユ科
属名ヒユ属
学名Amaranthus tricolor
別名カマツカ・ガンライコウ・雁来紅
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ケイトウの仲間。ただし属名が違うので全く一緒ではないです。葉っぱを楽しむものです。細かい種子が飛び散って、簡単にこぼれダネで増えます。冬には寒さで枯れる一年草です。
ハゲイトウは品種によっては2mほどの大きさになります。一般家庭にとってはかなり大きく、しかも真夏に見ると暑苦しい色が多いです。
●こぼれダネで増えるほど
●植え付け・種まきは5月以降
肥料がないと大きくならない
●直根性で根が傷つくと生育不良を起こす(植え替えは不可、ただし苗のときはOK)

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやってください。鉢植えで育てる場合は、土が乾いていたら水をやるようにして、ぬれているなら水はあげないでください。ハゲイトウは水はけの良い土に植えるもので、生育力旺盛で、春から秋に掛けて育てる植物ですから、多湿にはなりにくいですが、多湿になると葉っぱが腐ってしまいます。水のやりすぎに注意します。受け皿に水が溜まっていたら水を捨ててください。
肥料
ハゲイトウは肥料が少ないと大きく育たず、ヒョロヒョロになりやすいです。庭植えするなら植え付け時に土に堆肥を混ぜておきます。鉢植えの場合は市販の培養土を使えば、培養土に最初から肥料が入っています。
その後は状況を見て、二週に一回程度、液肥をやるか、月に一回、緩効性固形肥料をやります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢植えにする場合は花と野菜の土(培養土)を使います。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
ハゲイトウは肥料を必要とするので、庭植えする場合は、庭の土に堆肥を混ぜてから植えてください。
植え付けと種蒔
ハゲイトウは一本だけ植えるものではなく、群生させて楽しむものです。株間を20cmほど空けて複数株を群生させます。苗を植えるのが結局は安上がりですが、種蒔でも十分です。
種蒔をするのならば、5月以降に行います。ハゲイトウの発芽気温は25度と高く4月に撒いても意味がありません(枯れるわけじゃない)。適当に撒いて土を少し被せます。完全に土を被せると発芽しにくいです。
植え替え時の注意
ハゲイトウは一本太い根が生える直根性で、この根が傷つくと生育不良を起こして枯れてしまいます。苗を植え付けするときも、根が傷つかないようにポットの土を崩さないで植えます。ある程度大きく生育したら、もう植え替えは不可能です。庭に育った株を植え替えることは出来ません。
●背が高くなるので支柱を
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光を好む
日当たりから半日陰の場所を好みます。墓場のカンカン照りのところで生育するくらいですから、真夏の暑さに強いです。他の植物が育たないような熱い場所に植えてしまいましょう。

特徴・由来・伝承


葉鶏頭(ハゲイトウ)の学名はアマランサス・トリコロール。アマランサスというとお茶や五穀米やクッキーなんかに入っています。トリコロールは旧約聖書のヨセフにヤコブが与えた鮮やかな上着のことを指しています。

枕草子にカマツカという表記があります。これがハゲイトウの古名とされます。中国では雁が来るころに色づくので「雁来紅(ガンライコウ=イェイライホン)」という別名も。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ハゲイトウの日記

ヒユ科の仲間


ヒユ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用