タツナミソウの育て方

MENU
TOP>シソ科>タツナミソウ
スポンサードリンク

タツナミソウ

タツナミソウ
科名シソ科
属名タツナミソウ属
学名Scutellaria
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

タツナミソウは常緑宿根草で寒さにも強いです。タツナミソウの変種であるコバノタツナミは若干寒さに弱いです。どちらも地下茎で増え、こぼれダネでも増えます。複数の品種のタツナミソウを植えていると交雑して、少しずつ色合いの違う花が咲きます。

タツナミソウのうちよく出回っているのはコバノタツナミ(ビロードタツナミ)。花も葉っぱも小さめでかわいいです。コバノタツナミは関東南部より西で育ちます。関東北部では寒くて枯れてしまいます。一方タツナミソウは北海道以外で栽培可能です。
まとめ
●夏の暑さには問題ない
●手入れの必要もほとんどない、初心者向け
グランドカバーに向いている
●関東南部以西であればコバノタツナミ、東北ならタツナミソウ
●地下茎で増え、こぼれダネでも増える
●変異が多く、同定は専門家でも難しい。図鑑によって学名が違うこともある。
スポンサードリンク

水やりと肥料

鉢植えの場合は土が乾いていたら水をやってください。タツナミソウは比較的乾燥に強い方です。管理のコツは乾燥気味にすること。庭植えにした場合は、植え付けのときにしっかりと水をやったら、あとは自然雨だけで十分です。ただし軒下で雨が当たらない場合や、日照りが続いて乾燥したら水をやってください。
●冬の水やりを忘れがちです。冬は生育が鈍いですがしっかりと生きています。
●冬の水やりは控えめに。春や夏と同じ感覚で水をやると腐ってしまいます。土が乾いて数日して水をやる程度にします。
肥料
タツナミソウは肥料が無くても十分育ちます。肥料をやると大きくなりますし、生育が早くなりますが、小さいほうが可愛いですし、生育が早いのも一長一短です。ケースバイケースで対応します。
肥料は新芽が出る春と花が終わった時期の夏前に緩効性肥料を少量やる程度です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


よほど水はけが悪くなければ、用土は選びません。一般的な花と野菜の培養土か、もしくは花と野菜の培養土に赤玉土を4割まぜたもの、もしくは山野草の槌を利用します。植え付けは開花時期と真夏と真冬を除けば大体いつでもいいですが、一般的には初春か秋です。根詰まりがおきやすいので二年に一回か毎年行ってください。その際株分けも行います。
●地下茎がはびこる。庭植えする場合は広がり過ぎないように、土中を板で区切るなどするべき
●6月から9月に種が出来るので、これを冷蔵庫に保管しておいて2月・3月に撒くと春に発芽、成長して開花するのは翌年です。
●種を取って撒かなくても、こぼれダネで増えるので、そこまでしなくても大丈夫です。地下茎でも増えるので、無理に増やそうとしなくても。
●地下茎で増えてこぼれダネでも増えるので、あまり市場に流通しません(お客さんが毎年買ってくれないからビジネスにならない)。ほしいと思っていてホームセンターで見かけたら即買うか、ネットショップで買ったほうがいいです。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

タツナミソウは北海道以外の戸外で栽培が可能。というより自生している植物ですから、寒さは気にすることありません。コバノタツナミは関東南部以西でないと寒さで枯れます。
日当たりでも半日陰でも
日当たりから明るい日陰まで生育します。といってもよく咲くのは日当たりのいいところです。明るい日陰でも育たないことはないですが、メリットも薄いです。植えるなら日当たりのいいところへ。

特徴・由来・伝承


上へクイと伸びて首をもたげるような形に咲く。「タツナミソウ」と言う名前はこの花の咲き様を「波」に見立てたため。花色は主にムラサキ。ピンクや白い品種も出回っています。観賞用でも愛される。日本の山や林に生える植物。変異が激しく、かつ細かいので見慣れた人でもタツナミソウの仲間の識別は難しい。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用