コットンキャンディーの育て方

MENU
TOP>アナナス科>コットンキャンディー
スポンサードリンク

コットンキャンディー

nophoto
科名アナナス科
属名チランジア属
学名Tillandsia cv Cotton Candy
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

銀葉系エアプランツ
交配種(ストリクタ X レクルビフォリア)でうまれたエアプランツ。花が咲かないままで子株がポコポコ発生して、突然花が咲く。花がとにかく綺麗。美人。花市場でもたまに出荷される。雑貨感覚で販売されている。育て方は★エアプランツを参考にしてください。
●銀葉系である程度の日光が必要。室内でカーテン越しの日くらい
●乾燥と過湿に注意

水やりと肥料

霧吹きで水やり
霧吹きで水やりをして、乾燥する場合はソーキングを行って水分補給をします。水やりの頻度は環境によります。室内で冷暖房が聞いている部屋では乾燥気味ですから、水やりの頻度は多くなります。
目安として乾燥が強いと葉っぱが先から茶色くなってきます。水をやりすぎるとトリコーム(銀色に見える部分)がはがれやすくなります。何度か失敗を繰り返してコツを掴んでいくものです。目に見える変化が遅いので、日記をつけるといいです。
肥料
肥料があると子株が増えるスピードが速いです。ですが肥料が多いのもあまり良いことではないです。薄い液体肥料を生育期間に一ヶ月に一回程度にします。
肥料は霧吹きではなくて水に混ぜてバシャーと掛けて水を切ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

ミズゴケで根元を包んで、それからヘゴや網棚にくくりつけます。もちろんそのまま寝転がせて管理しても問題はありません。何かに固定したほうが銀葉が落ちにくく綺麗に育ちやすいです。

●土に植えないでください

管理場所・日当たり

比較的日当たりを好む
コットンキャンディは銀葉系エアプランツです。銀葉系のエアプランツはトリコームという小さな毛が生えています。これが直射日光をある程度防ぎ、また乾燥を防いでいます。水分の吸収もトリコームで行っています。そのため、乾燥に強く、日光にあたることが前提の植物です。日光に当てると株が増えます。かなり嬉しいです。
真夏の日光に注意
春や秋は戸外の日当たりでもいいのですが、真夏はカーテン越しの日でないと葉焼けを起こして枯れてしまいます。季節ごとに場所を変えてもいいですが、年中カーテン越しの日でかまいません。
銀葉系ではないエアプランツは春秋でも日当たりは厳しいです。
●日光が薄いと花の色が鈍くなる。これは開花後に日当たりの悪いところに移動させても同じで、色が白っぽくなります。また色が鈍い花は開花期間が短くなります。
冬の寒さに注意
コットンキャンディは耐寒温度は5度と室内で管理しないと冬は厳しいです。室内の人が生活する暖かい部屋に取り込んでください。

特徴・由来・伝承

かなりかわいいエアプランツ。花の色合いがかわいく、開花も難しくない。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アナナス科の仲間


アナナス科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用