ペットに危険な観葉植物たち

MENU
TOP>トラブル>ペットに危険な観葉植物たち
スポンサードリンク

ペットに危険な観葉植物たち


意外と危険な植物たち
植物の多くは薬草であり、薬草ということは毒も含んでいるということです。薬か毒かというのは、摂取する薬物の量による効果の違いで、適切な量なら「薬」、度を越すと「毒」というだけです。

観葉植物にも化学物質を含むものは多く、うっかり食べてしまった場合、人間だと少々気分が悪い程度で済むものが、小さな動物では死に至る毒を含んでいることもあります。

観葉植物を室内においている場合は、それが犬や猫に食べられないように何かしら対策を施していくことを薦めます。

参考:アレルギー 毒の花束 死ぬかもしれない毒草一覧

一覧


アロエアロエベラ
アロエは皮膚炎を治したり傷が直るのを早めるなど、薬として、また食べても便秘解消など利点が多いとされますが、アロエが含むサポニンはペットに害をなします。人間でもアロエを食べてもおなかを壊す人は居ます。全ての犬猫に害なのかははっきりしませんが、メリットをは薄いです。
チューリップスイセンヒヤシンスなど
上記の球根植物の球根からは刺激物が分泌されています。これらが土中に埋まっているならなんてことは無いのですが、鉢植えで出回っているものは大抵地上に半分ほど球根が顔を覗かせています。コレに触れると炎症を起こすことがあるらしいです(人間も)。また肥料として撒いた骨粉のいい匂いに誘われて犬が庭の球根を掘り返し食べてしまって中毒になることがあります。
ディフェンバキア
観葉植物として昔から利用されるディフェンバキアですが、細胞にシュウ酸カルシウムが含まれていて、葉っぱを噛むと口に炎症が起きて「話せなく」なるほど。腎障害を起こすことも。ディフェンバキアの英名「Dumb Cane」は押し黙る茎という意味。
カランコエ
全草(=植物全体)に毒があります。ペットがあやまって花や葉っぱを食べてしまうと危険。ブファジエノリドという強心ステロイドが含まれていて心臓障害を起こす可能性があります。
ユリアマリリステッポウユリなどユリ科
猫にとっては全てが毒。葉っぱも花も、球根も。食べた場合、一日か二日で腎障害を起こして死んでしまう。フラワーアレンジ・花束によく入っているので注意。
ナンテン
シアン化物(葉)・アルカドイロ(実)を含んでいてペットが口にすると発作を起こし、昏睡呼吸不全、死んでしまうこともある。人間にとってはむしろ薬ですが、量次第によってはペットでは危険。
ミルクブッシュ
折ると白い汁が出ます。これが毒。人間でも敏感な人はミルクブッシュが室内あるだけで徐々に体調が悪くなる。
スポンサードリンク

一覧2

アジサイ人間が葉っぱを食べて死亡した例がある。
アンスリューム葉っぱ・茎などを食べると嘔吐と喉の炎症を起こす。
ヘデラ・アイビー猫には毒という話も。でもポイズンアイビーとごっちゃになってるのかもしれない。
カラークワズイモ・カラジウムサトイモ科は注意。シュウ酸カルシウムによって、葉っぱを食べると口内炎・舌炎、汁によって皮膚炎などを起こす。
シクラメン大航海時代には球根を食用として利用されていましたが、毒が判明してからはジャガイモに地位を奪われる。茎や球根に毒がある。
ストレチアオーガスタストレチア・レギネ…極楽鳥花と呼ばれます。全体に毒があります。
キョウチクトウ非常に強い毒があります。
スポンサードリンク

その他

ポインセチアスズランローズマリー(葉)・ベゴニア・キョウチクトウ・クロッカス・イヌサフラン・アヤメアサガオ(種子)
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

トラブルの仲間


トラブルの仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用