クラッスラクーペリーの育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>クラッスラクーペリー
スポンサードリンク

クラッスラクーペリー(クラッスラ乙姫)

クラッスラクーペリー
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
学名Crassula exilis subsp. cooperi
別名クラッスラ乙姫
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

開花時期は春から秋。この時期にずっと咲いているのではなく、不定期にこの時期に咲く。花も綺麗ですが、基本は観葉植物です。育て方は多肉植物同じで、水を控えて、日には出来るだけ当てるが、夏の直射は避ける、冬は室内の日当たりで水を控え気味――というもの。

別名:クラッスラ乙姫

水やりと肥料

水をやり過ぎないで
一般的な多肉植物同様に、水をやり過ぎないようにします。水をやるときは、葉っぱにかけずに、土に注ぎます。水は必ず土から染み出すくらいにしっかりとやります。受け皿に水が溜まっていたら水は捨ててください。
冬は更に控える
冬は水を控えます。土が乾いてから数日たって水をやる程度。冬は室内で管理するので、暖房のせいで乾燥気味になります。暖房の風が直接当たらない場所を選んで置いてください。
肥料
肥料は無くても良いです。多いと枯れることもあります。春から秋の生育期に薄い液肥を二週間に一回程度やってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は多肉植物の土かサボテンの土を利用します。鉢の底から根が出ていたら植え替えをします。毎年か、二年に一回植え替えをすることになります。植え替えのときに株分けも可能です。
●植え替えのときに古い土を払い、新しい土で植え替えてください
●古い土には虫や病気が残っています
●古い根っこは黒く変色しています。切って捨ててください
根詰まりすると水切れしやすくなり、株が老化しやすくなります
株を増やす
挿し木でも株分けでも増えます。

管理場所・日当たり

熱さには耐性がありますが、多湿に弱く、水をやりすぎると腐ってしまいます。雨ざらしの場所もNG。夏も軒下か室内で管理します。
冬の寒さについて
耐寒温度は5度。霜にあたれば枯れてしまいます。冬もできるだけ日当たりで管理します。
●日光が不足すると間延びして、茎がポキポキと折れやすくなります。
●日光が必要ですが、少々の半日陰くらいなら、枯れることはありません。ただし間延びします。

特徴・由来・伝承


南アフリカ原産。ベンケイソウ科クラッスラ属。多肉植物。葉っぱに赤黒い斑点があり、白い花を咲かせます。草丈が低く、横へと広がる。セダムの仲間といえば、仲間ですが、ベンケイソウ科ではあっても別属なので、ちょっと遠いかな。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用