タニワタリの木の育て方

MENU
TOP>アカネ科>タニワタリの木
スポンサードリンク

タニワタリの木(人工衛星の木、谷渡りの木、ケファランサス、セファランサス、アメリカタニワタリノキ、オキシデンタリス、タマガサノキ、ボタンブッシュ)

タニワタリの木
科名アカネ科
属名タニワタリノキ属
学名Adina pilulifera
別名人工衛星の木、谷渡りの木、ケファランサス、セファランサス、アメリカタニワタリノキ、オキシデンタリス、タマガサノキ、ボタンブッシュ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

開花は地域にもよりますが夏。切花として鑑賞することも可。寒さに若干弱いけども、育てられる。山間の湿地で自生するので、乾燥気味より、少し湿った場所が好ましいです。
結実した実は毒です。
剪定すると花が咲きやすい
新芽の先に花が咲きますので、春先・秋などに剪定することで、脇芽を増やし、花が沢山咲くようになります。
まとめ
●乾燥に弱い。水が切れないようにする。
●剪定して脇芽を増やすと花が増える。
●育てやすい植物で、宿根で毎年咲きます。
●植え替えは夏と冬は避ける。植え替えのときに根を崩さない。庭に植えたら植え替えない方がよい。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやります。鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやります。水が切れないようにしてください。タニワタリの木は山間の湿地で育つ植物なので、少しジメジメしているくらいが好ましいです。
肥料
寒肥として2月。開花前と開花後に化成肥料・油粕を少々あげます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えするときは根を崩さない。根が傷つくと回復が遅くなります。真冬は植え替えを控えます。

用土は市販の培養土を利用します。

管理場所・日当たり

春から秋
日当たりを好みますが、真夏の直射日光には若干弱いので、真夏は半日陰に移動させてください。

暖かい地域の植物ですから、霜にあたれば枯れます。軽い霜が降りる程度の寒さならば軒下なら戸外で越冬できます。もしくは日当たりのいい室内で管理します。室内で管理する場合は、暖房の風が当たらないようにします(暖房の風は非常に乾燥している)。
●耐寒温度は5度、熱帯の植物にしては寒さに強い

特徴・由来・伝承


屋久島原産の珍しい常緑低木。九州南部から南西諸島にかけて分布しています。非耐寒性で、寒さにあたると落葉しますが、枯れてなければ春に新芽がふきます。鉢植えだと樹高は30センチから1m。庭植えだともっと大きくなります。よく分枝します。

タニワタリといってもシダの仲間ではないです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アカネ科の仲間


アカネ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用