冬の管理・水やりの注意点のまとめ(胡蝶蘭)

MENU
TOP>雑学>胡蝶蘭の冬の管理・水やり

胡蝶蘭の冬の管理・水やり


胡蝶蘭は熱帯の植物
胡蝶蘭は熱帯の植物で寒さには強くはありません。そこで室内で管理するのですが、冬は暖房が効いていて、その暖房の風は非常に乾燥しています。そこで冬の水やり葉水を中心にします。ミズゴケへの水やりは量・頻度ともに控えます。
スポンサードリンク

冬の管理場所

室内の日当たりへ
5度以下になると枯れてしまいます。室内で人が生活する場所では夜中になっても5度以下になることはほとんどありませんので、そういう場所で管理します。
出窓は注意
ところが出窓では夜中や強い霜が降りるような寒波が来ると氷点下まで下がります。そこで、昼は出窓で管理していても、室内の暖かい場所へと移動させてください。
暖房が当たらない場所へ
暖房の風は非常に乾燥していますので、この風が直接当たらない場所へ移動させてください。直にあたっていなければ大丈夫です。それでも室内は乾燥しているので、葉水で対応しましょう。
それでも寒い
室内で管理しても、夜中に枯れるほど寒くなる地域では夜中は発泡スチロールやダンボールで覆っておきます。

冬の水やり

葉が水を吸収
胡蝶蘭はそもそも空気中の水分を葉っぱや根から吸収して生育する植物です。根も水を吸収するのですが、根は植物を固定する役割の方が大きいです。それに根は大抵ミズゴケに包まれていますが、冬はミズゴケがなかなか乾かず、長い間濡れていると簡単に根が腐ってしまいます。根が腐ると黒く変色して、徐々に全体が腐ってしまいます。
葉水を
葉水は葉っぱに霧吹きなどで水を供給することです。葉水をすることで、ミズゴケを必要以上に濡らさなくてすみます。また乾燥気味の葉っぱに水を供給できます。
●冬はミズゴケへの水やりは、鉢から水が出るほどはしないようにします
●鉢の中には発泡スチロールが入っていることが多いです。この発泡スチロールは①水はけ②軽量化という点で優秀なのですが、発砲スチロールが邪魔して根に水が回ってないことがあります。注意してください。
●冬に肥料はやらないでください
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用