ピエール・ド・ロンサールの育て方

MENU
TOP>バラ科>ピエール・ド・ロンサール
スポンサードリンク

ピエール・ド・ロンサール(バラ・エデンローズ88)

nophoto
科名バラ科
属名バラ属
学名Rosa Meiviolin Pierre de Ronsard
別名バラ・エデンローズ88
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

初心者向けツルバラ病気に強く、開花しやすい。剪定に強く、小さく刈り込んでも花が咲く。花びらが多くゴージャス。非常に人気の品種。
●一季咲きですが、株が大きくなると何回か咲くことがある。

育て方はツルバラと同じ
ツルバラですから、育て方はツルバラと同じです。

水やりと肥料

地植えならば乾燥したら。鉢植えならば土が乾いて居たら水をしっかりとやります。真夏は乾燥するので、朝と夕方の二回水をやってください。
●花に水を掛けると花が汚くなって腐ってしまいます。腐るとそこから病気になりますから、花に水を掛けないほうがいいです。

肥料
2月3月の寒い時期に寒肥料として緩効性肥料をやります。花が終わった時期に有機肥料、秋にまた有機肥料をやります。
●バラは肥料食いですが、肥料が根に直接当たると「肥料焼け」しますし、肥料が多いことで病気になったり、開花が鈍くなることもあります。肥料に書いてある容量・用法を守れば問題ありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は市販している培養土か、バラ専用土がありますので、これを利用します。バラは肥料食いなので普通のバラ用ではない培養土を使う場合は肥料を追加しておきます。植え替え・植え付けは落葉時期に。
●鉢植えでも4m以上に成長する。地植えが好ましいが、鉢植えでも十分立派に成長する。
●ピエールドロンサールは花が下向きに開花する。なので目線より下で咲いても綺麗に見えない。出来るだけ高くに誘引するととても綺麗。

すぐには咲かない
ピエールドロンサールは株が若いと咲きづらいです。植え付けて2年か3年後によく咲くようになりますが、それまでは葉っぱが茂るばかりということもあります。気長に待ちましょう。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりが基本。半日陰の場所でも花は楽しめますが、出来るだけ日当たり。

その他

夏のシュートを冬に誘引
夏にシュッとした勢いのある枝が生えてきます。これがシュートです。そのときは花が咲きませんが、これが翌年の花が咲く枝になります。このシュートをフェンスや支柱に仮止めしておいて、落葉する冬にこのシュートを春に咲かせたい方向へと誘引します。
●冬に誘引するのですが、硬いです。
●ツルバラは短く切ると花が咲かないのが普通ですがシュートを短く切っても花が咲きます。これがピエール・ド・ロンサールの強みです。
●前年に花が咲いた枝には次年には花が咲かない。
●ピエールドロンサールは接木していることがあります。接木している場合、土の中から出てくるシュートは、ピエール・ド・ロンサールではありません。接木の元株のバラです。このシュートは切ってしまいます。もしも、徐々に植えた覚えのないバラが咲いて来たら、これが原因です。

ツルバラのピエール・ド・ロンサールも病気が発生します。虫に関してはオルトラン。虫が沸いたら即殺虫剤。病気に関しては対応する殺菌・消毒を。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ピエール・ド・ロンサールの日記

バラ科の仲間


バラ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用