サギゴケの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>サギゴケ
スポンサードリンク

サギゴケ

nophoto
科名ゴマノハグサ科
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

常緑多年草で草丈の低いグランドカバー向き植物。日本自生で頑健。育てやすい。花が咲かない時期は、雑草と大差ないので、分からないで引っこ抜くかもしれない。
まとめ
●乾燥に注意。本来は田んぼの畦や湿地の植物
●開花時期以外は雑草っぽい
●苗が流通していないので、ネットで買ったほうが早い

水やりと肥料

強い乾燥に注意
水はけのよい土を好みますが、水もちの良い土を好み、田んぼの畦など、水辺の近くや湿地に生える植物です。極端な乾燥には枯れます。ルックスが雑草ぽく、花が咲いていないときは雑草にしか見えないので、水やりを怠りがち。
あくまで水やりの頻度は普通です。土が乾いて居たら水をやる程度です。
肥料は控える
生育する時期に肥料をやるとよく育ちますが、もともとよく茂る植物で、肥料が無くても十分生育します。開花時期に花が咲いているのなら、無理に肥料をやる必要はないです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付けする場合は水はけの良いものを利用します。市販の培養土でOK。庭の土があまりに水はけが悪いなら、川砂・赤玉土腐葉土などを入れて水はけをよくしてください。
植え付け・植え替え時期
植え付け時期はヒガンバナの咲くころ。春か秋です。植え替えするならば、株分けも同時に行います。

管理場所・日当たり

花を思うとやっぱり日当たりへ
耐陰性もあり、明るい日陰ならば生育します。しかし、開花が鈍くなり、花数も少なくなりますから、やっぱり出来れば日当たり、もしくは半日陰で育てるようにします。

特徴・由来・伝承

コケと名前についていますが、ゴマノハグサ科の植物でコケ類ではありません。日本に自生する植物で基本頑健。育てやすく、よく増えます。草丈は立ち上がって20cmほどで、低くグランドカバーにも適しています。常緑多年草で冬も緑です。
花が咲き乱れるというタイプではなく、野趣がある――というと聞こえがいいですが、花がまばらで、園芸植物にはルックスでかなわないです。埋没してしまいます。イングリッシュガーデンというような植生を生かしたデザインには是非使いたい花材です。
名前の由来
花の形がサギに似ているから、とも。本来は真っ白で白鷺を連想させるから、とも。よくわかりません。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用