三日月ネックレスの育て方

MENU
TOP>キク科>三日月ネックレス
スポンサードリンク

三日月ネックレス(ゲンゲツ)

三日月ネックレス
科名キク科
属名セネキオ属
学名Senecio radicans
別名ゲンゲツ
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

グリーンネックレスの葉っぱが細いタイプ。育て方はグリーンネックレス・ルビーネックレスと同じです。
まとめ
●強い日差しは苦手。でも日陰では枯れる。カーテン越しの柔らかな日差しが必要です。
●乾燥気味に管理。水のやりすぎは絶対駄目
●冬は室内へ。
●梅雨・秋の長雨に蒸れて枯れる。育てるのは難しい。

水やりと肥料

水やりは控えめに
多肉植物で乾燥に強い。その反面非常に蒸れと過湿に弱い。水をやりすぎると枯れます。土がカラカラに乾いてから水をやります。葉っぱにシワが寄ってから水をやっても問題なく回復しますから、そのくらい水は控えるものと思ってください。
水をやるときは鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。
冬は水やりを更に控える
冬は生育が鈍くなり、気温の低下で蒸発も少ないので、更に水やりを控えます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根詰まりすると根元の方から葉っぱが落ちてきます。二年に一回程度は植え替えをします。植え替えの用土は多肉植物かサボテンの専用土を利用します。一般的な培養土では水もちが良すぎて根腐れを起こしやすいです。
●植え替えのときは長いツルが邪魔なので、紐でしばっておきます。

管理場所・日当たり

半日陰
三日月ネックレスは真夏の強い日差しには葉焼けを起こします。でもあまりに日当たりが悪いと葉っぱが黄色くなって落ちてきます。理想は木漏れ日のようは日差しで育てること。出窓でカーテン越しの日を当てるようにします。
戸外の雨ざらしは駄目
日本は世界的に見ても雨の多い地域です。戸外の雨の当たる場所に置いていると確実に腐って枯れます。
梅雨は…
戸外のよほど風通しのよいところにおいていても、梅雨のジメジメした環境に、水やりをしたわけでもないのに腐って枯れることがあります。育てるのは難しいです。
寒さには意外と強いですが…
耐寒温度は0度と観葉植物としては寒さに強い方です。暖地では戸外で越冬できるでしょう。でもそれ以外の地域では冬は室内に取り入れます。
昼は出窓が良いですが、寒い夜(マイナス5度以下とか)の出窓は氷点下になります。寒い夜は室内の暖かい場所においてください。

特徴・由来・伝承


キク科セネキオ属の多肉植物。乾燥に強く、蒸れと過湿に非常に弱い。すぐに枯れます。梅雨時期は特に注意。
フラワーアレンジの材料として人気があります。
●画像は三日月ネックレスと思って撮ったのですが、あんまり三日月感が無いです。もしかしたら三日月ネックレスじゃないかも
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用