黄梅の育て方

MENU
TOP>モクセイ科>黄梅
スポンサードリンク

黄梅(オウバイ)

黄梅
科名モクセイ科
属名ソケイ属
学名Jasminum nudiflorum
別名オウバイ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ツル性。開花時期は落葉している。病害虫に強いです。神経質に扱わなくても育ちます。開花時期も葉っぱが付いているのはオウバイモドキ。

水やりと肥料

庭植えにするのが一般的です。庭植えならば、自然雨だけで十分生育します。ただし真夏や日照りが続くなどして乾燥するならば水をやってください。
●葉や枝に水が掛からないようにする。
肥料
肥料をやるとよく生育します。たくさん肥料をやるとよく生育しますが、花が少なくなりますので、肥料の量はあくまで常識的な範囲にとどめます。
寒肥として2月に一回。秋にもう一回、化成肥料か油粕と堆肥をやります。株元に置かずに、油粕と堆肥なら株の周囲に穴を掘って混ぜます。化成肥料も株元には置きません。根に肥料が当たって根が弱るからです。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け時期について
秋~春に植え付けをしますが、東北より北の寒冷地では春に植え付けをします。秋と冬は寒さで苗が傷んでしまいます。春・秋どちらにしても「落葉時期」です。春は葉の新芽(花ではない)が出る前、秋は落葉直後です。
用土
水はけの良い土を好みます。鉢植えにする場合は赤玉土8桐生砂2を混ぜたものを使います。鉢の場合植え替えは二年に一回。
庭植えの場合、苗は浅く植えてください。水はけを良くするためにも、一段高い畝を作って植えることもあります。
庭土には前もって堆肥を混ぜ込んでおきます。

管理場所・日当たり

日当たりの良い場所を好みます。
北海道以外で年中戸外で生育可能。北海道でも南部は大丈夫。
湿度が高いと節から根が出てきます。これを気根といいます。気根が出ている節には花が咲きづらいです。風通しが良いと防げます。
●気根は見かけたら取ります。
スポンサードリンク

その他

剪定は花後に
黄梅の花芽は7月までに作られます。開花が1月から3月で、翌年に咲く花芽が7月に作られるということは、3月から6月の間に剪定をしなくてはいけません。込み合った枝をさばいてください。なんならしなくても。

秋にも樹形を整える程度の剪定をしてかまいません。秋には花芽が出来ているので、剪定をした分だけ花も減ります。

特徴・由来・伝承

モクセイ科ソケイ属(ジャスミン属)の木。「梅」という字が当てられては居ますが、実際は梅には花が似ているだけで全くの別種。ジャスミンの仲間。ただし、香りはほとんど無い。

江戸時代初期に日本に渡来。盆栽などに利用されます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

モクセイ科の仲間


モクセイ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用