ノトカクタスの育て方

MENU
TOP>サボテン科>ノトカクタス
スポンサードリンク

ノトカクタス(花サボテン)

ノトカクタス
科名サボテン科
属名ノトカクタス属
学名Notocactus
別名花サボテン
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ノトカクタスはサボテン科のノトカクタス属と言われる植物群。よってノトカクタスという名前のサボテンがあるわけではなくて、ノトカクタスの「青王丸」とか「河内丸」といった品種が付くもの。
でも育て方はこのノトカクタスの育て方で十分です。というのもノトカクタス属はサボテンの中では寒さ暑さに強く、湿気にも強い方で育てやすいからです。大きな花が咲くのも、モチベーションを高めてくれます。

水やりと肥料

水のやりすぎ注意・やり忘れ注意
ノトカクタスは土が乾いて数日たって水をやるようにします。土が常時濡れているようだと枯れてしまいます。その一方で毎日水をやる必要が無いので水をやり忘れる人も多いです。気をつけましょう。

●ノトカクタスの土は水はけがよく作られていて、保水能力がほとんどゼロということもあります。そうなると、生育するはずの春から秋には、水をマメにやらないと生育しないということもあります。土の状態を良く見て判断しましょう。

冬の水やり
冬にも気温と日光があればノトカクタスは生育します。生育するのならば水が必要になります。水はけのよい土ならば、少々水をやっても、鉢底から駄々漏れするので問題ないですが、水もちの良い土だと、頻繁にやると根腐れしてしまいます。水もちのよい土なら冬は一切水を断ちます。そのほうが無難です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

一般的な多肉植物の土か、サボテンの土で植え替えをします。植え替える鉢は株に対して少し大きい程度にします。小さいと意味が無いですし、大きすぎると土中の水が蒸発しずらくなり、冬に根腐れの原因となります。
●植え替えは花が咲いていないときにする。3月までにツボミが見られないなら開花は無いと考えて植え替えをする。開花しているときに植え替えをすると失敗しやすい。

管理場所・日当たり

基本は日当たりで管理。ノトカクタス属は日光を好み、強光線にも耐性があります(それでも品種によっては葉焼けするので様子を見て判断してください)。
夏の暑さと冬の寒さ
ノトカクタスは育てやすい種類ですが、地域・種類によっては夏の暑さと冬の寒さに注意が必要です。ノトカクタスが生育する地域は日本よりも夏と冬の寒暖の差が小さいです。つまり、日本の気候はノトカクタスにとって夏は暑すぎ、冬は寒すぎです。

なんて書くと、育てるのが難しい気がしますが、育てるのは簡単です。夏でも冬でも戸外に出していれば枯れはしないのです。ただとても汚くなります。根元から茶色く木のようになり、みずみずしくないです。
暑さ対策
直射日光には強いですが、夏の暑さから鉢の温度があがって根が傷んだり、蒸発が激しくて水切れを起こし弱ります。
二重鉢対策として二重鉢があります。これはノトカクタスの鉢を一回り大きな鉢にすっぽりと入れてしまうことです。日光はノトカクタスの鉢に当たらず、外側の鉢にあたり、土の温度上昇を抑えられます。
半日陰二重鉢は面倒ですから、無理せず半日陰に移動させるのが無難かも。

寒さ対策
ノトカクタスの耐寒温度は3度前後で、ちょっと霜が降りる地域ならば軒下の霜が当たらない場所に置けば、戸外で越冬できます。そんな場所が無い場合や、寒冷地ならば室内の日当たりで管理します。
●ノトカクタスは冬の日照時間が春の開花を左右するよう。また低温に当てないとツボミが出来ないので、枯れない程度に低温に当てるのもコツ。ただこのコツは「なぜか花が咲かないなぁ」と思ったらやってみてください。

特徴・由来・伝承

花が大きく、育てやすい、初心者が育てるのに最適なサボテン。サボテンというと手間が掛からないと思われていますが、実際は非常に繊細なもの。サボテン愛好家にインテリな人が多いと言われるのですが、この繊細さが原因かもしれない。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

サボテン科の仲間


サボテン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用