ギンリュウの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ギンリュウ
スポンサードリンク

ギンリュウ(ダイギンリュウ)

ギンリュウ
科名トウダイグサ科
属名ペディランサス属
学名Pedilanthus
別名ダイギンリュウ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

多肉っぽい葉っぱ。茎を切ると乳状の汁が出る。かぶれるので作業をするときはゴム手袋が必須。花も咲きますが観葉植物と考えてください。寒さに弱い(5度)のでグランドカバーとして利用できなくもないのですが、暖地に限られます。霜にあたったら枯れます。

●秋になると葉っぱが寒さに当たってピンクになります
●乾燥に強い。ジメジメしていると腐ってしまう。水のやりすぎに注意。
●鉢植えで管理して、冬は室内へ取り入れるのが無難。
●不恰好に伸びます。春にこれを適当に切り戻して仕立て直しましょう。

水やりと肥料

乾燥に強く、ジメジメした環境が苦手です。水やりは土が乾いてからやるようにしてください。土に水が残っているうちは水をやらないようにします。
ややこしいですが――ギンリュウはサボテンとは違いますので、あそこまで乾燥に対応していません。乾燥が過ぎると生育期間であっても、葉っぱが落ちてきます。そこまで乾燥させないように気をつけましょう。
●受け皿の水は捨ててください。
冬は更に乾燥気味に管理します。土がカラカラになって数日たって水をやる程度にします。
●冬は休眠していますが、生きています。乾燥気味といっても水は必要としています。完全にカラカラになってしまうと枯死してしまいますので注意してください。
●最高気温が20度を切ったら水を減らしていきます
肥料
花が終わったあとに化成肥料をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で植えます。市販の多肉植物の土かサボテンの土を利用しましょう。自作する場合は赤玉土腐葉土3川砂3か、赤玉土5腐葉土3パーライト2を混ぜたものを使います。
●二年に一回は植え替えをします。
挿し木で増える
切った枝の切り口を洗って日陰で乾燥させてから、川砂単用に挿して一ヶ月で発根します。

管理場所・日当たり

東北北海道以外で栽培可能。
日当たりで
日光を好みますので、日当たりで管理します。日当たりがよいと葉っぱの色がハッキリします。日当たりが悪いと徒長(ひょろ長)して、不恰好になります。
冬は室内で
ギンリュウの耐寒温度は5度と、霜に当たったら枯れます。軽い霜が降りる地域の霜の当たらない軒下なら戸外での越冬もできるかもしれませんが、室内に取り込むのが無難。鉢植えにして移動できるようにしましょう。
最低気温が15度以上になったら戸外へ。
●冬は全てではないですが落葉します。

特徴・由来・伝承

ギンリュウはトウダイグサ科のペディランサスの一品種です。ペディランサスでは一番有名で流通しています。茎がジグザグになっているのでジグザグプランツとか、背骨に見立ててデビルズバックボーンという別名もあります。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用